2008年8月6日水曜日

小倉記念回顧 2008


小倉記念結果
ドリームジャーニー1.57.934.412-12-12-03
ダイシングロウ1.58.435.210-10-05-01
ケンブリッジレーザ1.58.634.714-15-15-11
ヴィータローザ1.58.935.803-03-03-05
ミヤビランベリ1.58.936.001-01-01-02

天候:晴 芝:良
上り4F:46.8 3F:35.0
12.4-11.2-11.2-12.6-11.9-11.8-11.8-11.5-11.6-11.9
(前半-後半:59.3-58.6)

小倉記念はドリームジャーニーが格の違いを見せつけた形での勝利。
レースは中盤以降11秒台を刻み続けるような締まった流れとなり、
基本的には後方で脚を溜められた馬が有利となった。
実際に前に行った馬は相当に持続力に優れた馬が何とか掲示板に乗ったというだけで
道中が全く息が入れられない厳しいレースだった。

ラップタイムを眺めてみると、前半から勝負所までは速く流れて
例年の小倉記念と比べても平均的なペースだったと言えるが、
今年の場合、そこからさらに加速するというレベルの高さを示している。

普段の小倉記念であれば、これだけの締まった形で道中が流れたら、
後半は12秒台を刻み続けて持久力が問われる展開となるのだが、
今回はさらに一段階上のスピードを競うレースであった。

それ故に普段なら持ち前の持続力で押し切れるような馬が
完全に切れ負けした形の結果に終わっている。
ヴィータローザ、サンレイジャスパー、レインダンスなどの馬がこれに当たる。
もちろんそれは同時に上位との能力の差と言い換えることもできるのだが…。

それにしても上位2頭は流れ、適性を度外視してもここでは格が違っていた。
特にドリームジャーニーは締まった流れでは厳しいと思っていたが、
相当に持久力をつけてきていて、芯がしっかりしてきたように感じた。
秋に向けて楽しみな馬になったことは間違いない。


~各馬について~

ドリームジャーニー
これまでのレースでは道中が緩んでからの切れ味勝負で好走してきたが、
今回の内容は今までとは全く違っていて、相当な持久力を見せての勝利で、
この馬の可能性を大きく拡げるものだと言える。
もちろん今回も後方で脚をじっくり溜めての結果ではあるが、
速い流れを3コーナーから捲って行って最後まで良い脚を持続させた。
京都や東京などの広い競馬場でもっと早い段階からスパートしたとしたら…
と考えるとまだまだ不安なところはあるが、それでもこの秋のG1では
それほど見苦しい結果に終わることはないだろう。
本当に楽しみな馬になった。

ダイシングロウ
少し仕掛けが早過ぎた感じもするが、それでも締まった流れを
押し上げて行ってこの結果は評価できる。
ただドリームジャーニーとの能力の差は明らかで、
この先もG3レベルであれば活躍できるといった位置づけ。

ヴィータローザ
まずは小牧太が前半に押してまで好位を取りに行った意味が分からない。
例年速くなる前半で控えておかなければ後半が持つわけがない。
結果的には2頭が強すぎて出る幕は無かったのだが、
例年通り最後は持続力が問われるような展開になっていたとしたら
明らかに騎乗の戦略が間違っている。
前半少しでも控えていれば3着は確実だったのではないか。
本当にもったいない。

ミヤビランベリ
小倉記念は前半が相当速くなって逃げ馬には厳しいレースであるが、
実際に今年も前半3Fが34.8秒という速い流れとなった。
それで掲示板まで粘ったのは実力の証明。
次戦以降、適鞍で十分巻き返せる。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事