2015年12月27日日曜日

有馬記念展望 2015


予想
馬場が改修されて2回目の開催になるが、土曜の競馬を見れば、道中でインを
通っていた馬の脚がなかなか鈍らない…というのは確認できて、昨年と同様に
スピード方向の考え方をしておきたいところ。

◎ラブリーデイ
タイプ的にはやはり持続力という方向の馬だし、JCの条件からすれば、ここは
とりあえず巻き返えしが期待できる場面。
JCの展望で「最後まで逆らいたい」と書いた手前もあるし、イメージとしては
機動力よりも惰性という雰囲気ではあるので、中山がピッタリな訳ではないはず
だが、内先行馬場でしっかり内枠を確保したこの馬を選ばなかった場合、昨年の
(推し切れなかった)ジェンティルドンナの時と同じ失敗になる可能性が…。
個人的にはその方が後悔しそう。

○ゴールドアクター
持久力&持続力は十分に示しているし、タイプ的にも有馬記念のイメージには
ピッタリ嵌りそう。
前走の、この馬の良さを消すような"溜める"騎乗を見てしまうと少しだけ不安も
感じてしまうが、ただそれでも勝ち切ったというのは実力(適性の幅)の証明と
言えるし、今回は(少なくとも後半は)何もしなくてもこの馬向きの展開になる
はずで、本来の力を遺憾なく発揮できそう。
思いのほか人気していないし、ここはしっかりと推しておきたい。

▲リアファル
菊花賞は、一旦はしっかり緩む展開ではあったが、仕掛けがかなり早くて、結果
的にはハイレベルな持続力勝負だった…と言える。
その展開を好位から進めてコンマ1秒差の3着に粘ったのだからその実力は当然
認められるし、ここに対しても直接的につながってもおかしくない。
欲を言うなら、もう少し内の枠なら良かったとも思うが、今回のメンバーならば
ポジションを取るのはそこまで難しくはなさそう。

注ラストインパクト
元々持続力という方向の馬で、その意味では嵌ってもいいはずだが、基本的には
"惰性を発揮する"というイメージのタイプではあるので、下り坂の後押しはある
ものの小回りでブレーキが掛かる中山…というのは扱いがなかなか難しい。
ただ、昨年のとてつもなく豪華なメンバーの中で7着して、直近のJCでも2着
した馬が、メンバーレベルの落ちている今回9番人気…というのは全く整合性が
取れていないとは言えるし、やはりここは注目しておきたい感覚にはなる。



※ここまで書いて時間が切れてしまったので、続きは午後(レース直前になって
しまうかも知れません)に更新します。

以下
△サウンズオブアース
△キタサンブラック
△ヒットザターゲット
☆☆☆ゴールドシップ
の予定。



~追記~
(時間がなく書き切れませんでした。なのでさらっと)

△サウンズオブアース
タイプ的に中山がベストという訳ではないだろうが、東京2400mと比較すれば、
持続力がしっかり問われるここではやはり適性的に前進する可能性はあるはず。

△キタサンブラック
ここにつながりそうな展開になった菊花賞を勝ち切ったことは当然認めるべき。
ただしリアファルと比べれば溜めた格好ではあるので、評価はここまで。

△ヒットザターゲット
意外性という言葉がピッタリ嵌る馬で、本当にいつ何時走り出すのか分からない
雰囲気ではあるのだが、データ的には「内枠が貰えれば大体来る」タイプ。
その意味としては、機動力よりもギリギリまでじっくりと溜めて→真っ直ぐに
爆発させたいというイメージだが、今回それが叶う可能性は十分ある。

☆☆☆ゴールドシップ
これは迷った。
思い入れがある馬だし、何だかんだ昨年の馬場でも3着には入っている。
それでも結局勝ち切るまでは…という考えに至り、本命にしないのであれば最早
別枠で考えたい。
ただただその雄姿を目に焼き付けたい感覚。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事