2012年3月11日日曜日

中山牝馬S展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.1-10.6-11.5-11.6-12.1-11.8-11.2-12.1-12.4(注:阪神開催)
2010 12.3-11.2-11.5-11.7-11.9-12.3-12.5-11.8-12.4
2009 12.4-11.4-12.1-12.2-12.4-12.5-12.1-11.5-12.5
2008 12.2-11.6-12.4-12.3-12.3-11.8-11.8-11.5-12.5
2007 12.7-11.7-12.6-12.0-11.8-12.2-12.2-12.2-12.8
2006 12.4-11.4-12.1-12.0-12.2-12.5-11.8-11.8-11.6
2005 12.7-12.3-12.7-12.5-12.1-12.2-11.8-11.5-11.9
2004 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-12.2-12.0-11.5-12.1
2003 12.4-11.3-11.7-11.7-11.5-11.9-11.9-12.2-12.1
2002 12.1-11.3-11.7-11.0-10.9-11.8-12.1-12.5-12.0

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.38-11.49-12.07-11.89-11.84-12.16-12.02-11.83-12.21
1.47.89




傾向(過去記事の一部修正)
過去の平均ラップタイムを見れば、前半ミドルペースから、道中~上がりでも
ほとんど一定に近いスピードを刻む形。

とにかくここはラップの幅が極端に狭く、何はともあれ持続力が問われるという
レースで、近年は多少道中が落ち着く傾向も見られるものの、やはり基本は長い
脚を使えるという要素を備えた馬が中心になることは間違いない。


好走する条件
・持続力があること


予想

◎レディアルバローザ
本質的に長い直線は合わず、締まった持続戦でこそというタイプなので、ここは
一気の巻き返しを期待できそうな場面。
舞台は違うが一応レースとしては昨年の勝ち馬で、斤量も+1kgだけというのなら
ここは狙ってみたい感覚になる。

○コスモネモシン
結果的に攻め過ぎた前走を度外視し、持久力&持続力勝負という方向で考えれば
最近は本当に安定した内容を示しているし、適性的にここはベストに近い舞台。
ここは普通に巻き返しに期待したい。

▲ブロードストリート
とにかく古馬になってからは長い直線での決め手…という方向では何も出来なく
なっていて、短い直線で止まらないことが求められるレースでのみ…という馬。
そう考えると今回はやはり浮上の可能性は高そうだし、注目しておきたい。

注アニメイトバイオ
この馬の場合、道中長くゆったり進めて純粋な持久力が問われるレースよりも、
締まった持続戦の方が合っているタイプで、ここは巻き返しの方向で考えたい。
単純に休み明けの状態だけ。

△イタリアンレッド
長距離寄りの適性になるエリザベス女王杯では浮上できなかったが、中距離で
短い時間集中して走る形ならば、昨年重賞を連勝した力が発揮できるはず。
当然注目はしておきたい。

△ホエールキャプチャ
実力は当然最上位争いの馬だが、基本的には溜め→切れを発揮したいタイプで、
ジワジワ脚を使うここがベストの条件では決してない。
一応の格好はつけるかも知れないが、休み明けということも考えれば、ここは
強くは推しづらい場面。

△ドナウブルー
前走はそれまでとは一線を画した、締まった展開で重賞を勝ち切った訳なので、
ここも当然有力ということにはなりそうだが、タイプ的に筋力を活かすという
馬ではないので、中山でどうか…という部分は正直ある。半信半疑。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事