2012年7月7日土曜日

七夕賞展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.3-11.1-12.4-12.4-13.2-12.0-11.7-11.5-11.7-12.2 中山開催
2010 12.5-11.4-12.1-12.2-12.8-12.0-11.7-11.8-12.0-11.9
2009 12.5-11.5-12.2-12.3-12.6-12.0-11.8-11.7-11.3-12.3
2008 12.5-11.3-11.9-12.1-12.5-12.0-11.7-11.9-11.7-12.2
2007 12.3-11.1-12.1-12.2-12.1-11.9-12.0-12.0-12.1-12.5
2006 12.4-11.5-11.8-11.6-11.7-11.7-11.8-12.0-12.1-12.7
2005 12.5-11.2-11.6-11.4-11.9-12.0-12.5-12.5-12.3-12.5
2004 12.8-11.4-12.1-12.5-12.6-12.3-11.6-11.6-12.2-12.6
2003 12.2-11.7-12.0-12.2-12.2-12.2-11.8-11.8-11.9-12.7
2002 12.3-10.6-10.6-11.8-12.0-12.3-12.5-12.2-12.3-12.6

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.44-11.30-11.82-12.03-12.27-12.04-11.93-11.94-11.99-12.44
2.00.22




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいで、道中があまり
緩まないまま、ラスト5Fから一定に近いペースを保つロングスパート合戦になり
やすく、ラスト1Fはラップが落ち込む形になっている。

この舞台では、他の小回り2000mと比べて前半がそこまで速くはならないが、
その分、道中であまり脚を溜められず、仕掛けのタイミングも早くなる。
したがってレースを通して持続する力がまずは必要で、展開がより締まった形に
なれば、終いの部分で相当な持久力が問われる可能性もある。

脚質的には、上記のように極端に速い前半という訳ではなく、そこで前の馬が
脚を使い切ってしまうことはないので、好位の馬が押し切る形も多いのだが、
それでもこの展開なので、道中~上がりで持続力を発揮できる差し馬の存在は
やはり見逃せないところ。


好走する条件
・スピード持続力があること
・一定の持久力は欲しい


予想
メンバー的にそこまで速くなるとは思えないが、開催最終日で雨が残りそう…
となれば、梅雨時らしく、スローなのに差し決着というのも十分ありそう。

◎エクスペディション
前走は元々速い道中で極端に脚を使った内容だったので、最後甘くなったのも
仕方がないところ。
前半あまり引っ張られてどうか…というタイプではあるが、今回はそこまで速く
ならないだろうし、持ち前の道中~上がりに掛けての持続力を発揮できそう。
休み明けでも、そうは見えない馬体をしているし、ここは期待してみたい。

○トップゾーン
新潟大賞典では、一貫した流れをある程度好位から進めてまずまず残り、一定の
地力を示したと言えるし、控えた時の末の持続力は元々良いものを持っている。
そのイメージで考えると、スローなのに差し&追い込みが決まるような馬場なら
枠&位置取り&鞍上的に、ここで嵌る可能性は十分にありそう。注目したい。

▲タッチミーノット
上級クラスだと純粋な持久力という点で少し足りなくなり、長い距離でペースが
上がると厳しくなるという馬で、重賞レベルでは一貫した持続型の展開の方が
やはり結果を残せそう。
その方面で言えば、大阪杯で高いパフォーマンスを示しているし、ここは当然
注目しておきたいところ。
ただし環境的に、少し位置取りが高くなり過ぎるかも…という3番手評価。

注トーセンラー
一定の持久力&持続力を示していて、実力的には当然上位の馬だし、浮上は当然
考えておきたいところ。
ただしここで問われるマイラー的な性能の部分で少し懸念はあって、スピードに
寄り過ぎた場合にどうか…というのはある。
位置取りなど、菊花賞くらいに受け流すイメージであれば。

△ゲシュタルト
持続型の展開は元々得意な馬だし、ここでの浮上も一応あり得るとは思うが、
少しゆったりしたいタイプ的に、最内発走から、遠心力抜群の福島の4コーナー
…というのは気掛かり。
休み明けの状態も気になる。

△ダイワファルコン
一定の持続力は示している馬だし、展開次第では浮上もあっていいと思うが、
タイプ的には前半or道中のどこかで少しでも溜めて、終いの部分で真っ直ぐ
伸びたいイメージなので、ここがベストかと言えば…微妙だと感じる。

☆ニシノメイゲツ
前走は厳しい展開を浮上して勝ち切った訳だが、この相手ならば道中~上がりで
もう少し長い脚を使っている裏付けが欲しいところ。
斤量も軽く、可能性としてはあってもいいが、あまり強くは推しづらい。

×シンゲン
過去に示したパフォーマンスで言えば当然強いが、昨年も全く何も出来なかった
…という経緯での休み明けなら、さすがに静観したい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事