2012年8月26日日曜日

キーンランドC展望 2012


過去のラップタイムは以下の通り。

2011 11.8-10.3-10.9-11.5-11.8-12.3 33.0-35.6
2010 12.0-10.6-11.1-11.4-11.6-11.7 33.7-34.7
2009 12.1-10.5-11.2-11.6-11.4-11.6 33.8-34.6
2008 12.1-10.6-11.2-11.3-11.0-11.7 33.9-34.0
2007 12.0-10.7-11.2-11.3-11.4-12.0 33.9-34.7
2006 12.1-10.4-11.0-11.5-11.6-11.8 33.5-34.9


過去6年の平均ラップタイム
12.02-10.52-11.10-11.43-11.47-11.85
1.08.38 33.63-34.75




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、スプリントの重賞としては前半がそこまで速くならず、
ある程度速いスピードを維持したままゴールを迎える展開。

札幌1200mというコースでは、レベルが上がるにつれて前半というよりも後半が
速くなる傾向が見られるが、このレースの特徴も、やはり(前半に対しての)
上がりの速さだと言えて、ハイペースから持久力で粘れることよりも、スピード
持続力を持っていることが何よりも重要になる。

したがって実績馬であっても、地の強さで差してくる(粘る)ようなタイプでは
ここを勝ち切るのは難しくて、(出来れば)先行力があって、前後半をバランス
良く走れるタイプを中心に考えたい。


好走の条件
・スピード持続力を持っていること


予想
テイエムオオタカ&パドトロワがいるものの、おそらく昨年のようなハイペース
にはならないはずで、そこそこ速い…くらいの流れが妥当な気はする。
そうなると強い先行馬2頭もある程度粘り込むだろうが、イメージ的には前後半
イーブンくらいの内容を示せる、持続力に優れた馬に最も向きそうな雰囲気。

◎ダッシャーゴーゴー
とにかくこの馬の場合、スプリンターらしくハイペースからの持久力を発揮する
というよりも、持続力or切れを発揮したいタイプなので、フラットに流れやすい
この舞台はやはり合いそう。
別定戦でここは良心的な斤量にも戻るし、理想的な位置取りから持ち味を大いに
発揮出来そうなイメージ。

○テイエムオオタカ
ハイペース戦でも最後しっかり粘り込めるし、多少落ち着いた展開になり、前半
力を使わなかったとしても、ある程度上がりの方へ還元できるというタイプで、
展開によらず崩れるイメージは湧かない。
今回は展開自体はパドトロワの出方次第になるが、やはり上位にはしっかり残り
そうな雰囲気。

▲パドトロワ
基本的には前半ゆったり入っても味が出ないタイプなので、テイエムオオタカに
すんなりとは譲らず、ハイペースに持ち込んだ方が押し切る可能性が高くなる。
ただし鞍上が今回、そこまで強硬な騎乗をするかどうかは微妙で、速過ぎない
流れから、一定の格を示しつつ何かしらに差される…という方が想像しやすい。

注ドリームバレンチノ
単純に決め手だけの馬という訳ではなく、アンコールSのように前後半イーブン
くらいの内容を示すことも出来て、今回はその時と同じくらいの流れを想定して
いるので、やはり確実に浮上はしてきそう。
ただし今回はこの馬以上に条件が好転している相手もいるし、おそらく外を回す
形になることから、簡単ではない…という雰囲気。

△ビウイッチアス
前走は絶対的なスピードという点でどうしようもなかった印象だが、バテている
という訳ではなく、後半でしっかりと自身なりの脚は使っている。
したがって一応地力&持続力を示している1200mに戻れば、軽斤量を活かして、
ある程度巻き返してくる可能性はあっていいはず。

△シュプリームギフト
ここ数戦で一通りの持続力と持久力を示した格好だが、基本的にはある程度速い
上がりになった方が結果は出しやすいというタイプ。
したがってこの舞台自体は合っていると思うが、先行する実力馬が極端ではない
もののそれなりの流れを作りそうな今回は、少し格負けしそうな印象ではある。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事