2013年6月9日日曜日

マーメイドS展望 2013


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.4-10.8-12.3-12.2-12.0-12.0-11.7-12.0-12.1-12.4
2011 12.3-10.9-12.8-12.8-12.4-12.2-12.0-11.7-11.4-11.9
2010 12.4-10.6-12.3-12.6-12.0-12.1-12.1-11.8-11.5-12.1
2009 12.4-10.7-12.6-12.4-12.2-12.2-12.0-12.0-11.4-12.3
2008 12.7-11.2-12.4-12.5-12.3-12.7-12.4-12.3-12.2-12.8
2007 12.6-10.9-11.6-11.5-11.4-11.8-11.9-12.1-12.5-12.1

過去6年の平均ラップタイム
12.47-10.85-12.33-12.33-12.05-12.17-12.02-11.98-11.85-12.27
2.00.32




傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は
ほとんど緩まずにかなり締まった展開になり、そのまま上がりまで一定に近い
スピードを維持しつつ、ラストだけ少し落ちる形。

ここの特徴はやはり道中の速さで、その厳しさに対応できるだけの持久力を
まずは備えていなければならず、そこから上がりに掛けても、かなり長い脚を
使う必要があるために、当然のように持続力が問われる。

脚質的にはどちらが優勢ということは言い切れないが、差し馬の場合、道中で
脚を使う形からでも、最後まで伸び切れるような地の強いタイプでなければ上位
浮上は難しく、切れるタイプの差し馬が道中で脚を削られて直線不発⇒逃げ&
先行馬が残る…という事態は考慮しておく必要がありそう。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎ピュアブリーゼ
福島牝馬Sで好走して、復活気配を見せた時点で、とりあえずここのイメージは
思い浮かんだし、前走でも、長い脚が問われる展開で差し馬が浮上した中、好位
からしっかりと粘り込んでいて、地力という点での信頼感は増した印象。
単純に考えても、調子を取り戻しつつあるオークス2着馬が53kgというのだから
ここで期待しない手はない。

○ピクシープリンセス
とりあえず前走は、最後の最後差し返されはしたものの、かなり積極的な競馬で
しっかり粘り込んでいて、パフォーマンス的にも相当強い内容を示している。
タイプ的に、レースを通して一貫したラップ…という展開がどうかとも思うし、
評価は2番手に止めておくが、勝ち切る可能性も当然考慮しておきたい。

▲マイファーストラヴ
リボン賞や大宰府特別などでは、しっかりと長い脚を使う形で好走出来ていて、
パフォーマンス的にも、十分ここでピックアップできる。
それでいて今回、49kgという軽斤量ならば、一発があってもおかしくないのかも
…と思える。注目しておきたい。

注ハワイアンウインド
元々スピード持続力…という方向の馬なので、前走は切れ負けと捉えられるし、
前々走+16kgでも好走したあたり、地力もつけてきている印象を受ける。
裏付けがピッタリ足りている訳ではないが、今回斤量も軽く、適性的に嵌りそう
…となれば、とりあえず上位の可能性を考えてみたい感覚になる。

△アロマティコ
持続型の展開はしっかりこなせる馬で、この舞台に嵌る可能性は十分にあるが、
ムーンライトHや福島牝馬Sなどで見せたように、ラストが少しフワッとする
馬だけに、最後の坂を伸び切れるか…微妙。
浮上は確実にも思えるが、勝ち切る可能性はどうか…といった印象。

△マルセリーナ
前走は前掛かりのスピードレースで、差し馬がなかなか差を詰められない中、
この馬は内をジワジワと浮上し、スピードにヘコたれない地脚の強さを示した。
それでもここでは当然斤量を背負う立場になるので、勝ち負けまではともかく、
それなりに浮上して、一定の格を示す…という競馬になりそうな雰囲気。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事