2017年9月24日日曜日

オールカマー展望(ラップ傾向&予想)2017



過去のラップタイム


2016 12.3-11.2-11.9-12.0-12.5-12.1-12.3-12.2-12.1-11.3-12.0
2015 12.5-10.9-12.4-12.4-12.6-12.6-11.9-11.7-11.4-11.7-11.8
2014 13.0-11.0-11.4-12.2-12.9-12.2-12.4-12.1-12.0-11.4-11.6 新潟開催
2013 12.8-11.1-12.1-11.7-11.9-11.8-12.2-12.1-12.4-11.8-12.1
2012 12.6-11.3-12.4-12.5-12.6-12.9-12.6-12.6-12.0-11.7-12.3
2011 12.3-11.3-12.6-12.2-12.1-11.7-11.9-11.6-11.8-11.4-12.3
2010 12.4-11.1-12.2-11.9-12.4-11.9-12.0-12.2-11.7-11.7-11.9
2009 12.5-11.5-12.4-12.3-12.3-12.2-12.1-12.0-11.3-11.2-11.6
2008 12.3-11.8-13.0-12.4-12.3-12.4-11.6-11.4-11.2-11.8-11.8
2007 12.6-11.5-12.4-12.3-12.2-12.6-11.8-11.8-11.3-11.4-12.6

過去10年の平均ラップタイム(2014年は除く)
12.48-11.30-12.38-12.19-12.32-12.24-12.04-11.96-11.69-11.56-12.04
2.12.20




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~少しゆったりとした流れになり、
向こう正面の下り坂から徐々にペースアップしていく形で、内容的には後傾の
レース展開になる。

ここの特徴は、まずは前半が比較的落ち着いた入り方をするという点で、鞍上が
その認識を持つことで(コース形状も後押しして)仕掛けが早くなりやすい。
したがって適性面では、ロングスパートへの対応という部分で、末脚の持続力を
持っていることが何よりも重要になる。

そして長い脚を使わなければならない上がりの部分で伸び切るためには、今度は
逆に前半~道中で如何に無駄な脚を使わないかが重要で、結局は一定の持久力が
問われる…とは言えそう。

脚質的には、ロングスパート戦ではあるが、前半のペースと馬場の良さによって
持続力に優れた好位の馬が押し切るケースが目立ち、後方から捲くってくる馬
というよりも、ある程度好位から押し通せる馬を中心に見ておきたい。


好走する条件
・一定の持久力があること
・末脚の持続力が必要



予想


◎タンタアレグリア
前走は、同舞台のハイレベルなレースを勝利して、その時の内容であれば当然
ここでは上に扱っていいくらいの存在。
長い休み明けなので状態は気になるが、前走はそれでも結果を出した訳だし、
馬体を見れば普通に力を出せそうな雰囲気ではある。
オッズ的にも、(ステファノスはともかく)格下と言っていい馬とも同列で
扱われている状況だし、それならば(リスク込みでも)ここは十分推せる。

○ステファノス
前走に関しては、絶対的なスピード水準の部分でやはり難しかった印象。
それはとりあえず度外視して、香港Cや鳴尾記念で後半の持続力をしっかり
示していて、単純に考えて、地力でも適性でもここでは普通に上位の存在。
臨戦過程としては相手よりはマシだし、1度は本命も考えたが、休み明けを
勝ち切った経験は1度もなくて、どうしてもイメージが湧かず…断念。

▲モンドインテロ
前走は、ペースは緩いが、仕掛け早の展開で持続力を発揮しての勝利。
それと日経新春杯で示した持久力を合わせて考えれば、とりあえずここでは
浮上してくる可能性が高いはず。
広い(直長)コースでは度々問題になるスケールの部分も、ここでは気にする
必要はないし、上の2頭がコケるようなら頭まであっても良さそう。

注カフジプリンス
前走は、前の馬に有利な競馬だったが、それでも前半からしっかりスピードに
乗って好走したこと自体、これまでとは一線を画した内容なのは確か。
元々持続力の方に寄ったタイプがそれを出来るなら、ここはちょっと面白い。
今回は外枠に入って、尚且つこの乗り替わりで積極的な方向に向くか?は微妙
なので、結局推し切れなくなったのだが、注目は当然しておきたい。

△アルバート
持久力はしっかりと示していて、元々持続型の展開にも対応出来る馬なので、
適性面では問題ないはず。
ただし、中距離のフラットな展開での裏付けがなく、前半をゆったりとしたい
イメージからも、ここは少しだけ忙しくなる可能性もあって、あくまで馬券
~掲示板圏内候補という扱いに今回はしたい。

△ブラックバゴ
前走は、前半は完全に受け流した格好だが、道中~上がりが完全にフラットな
展開の中で、高い持続力を発揮しての勝利。
ここのレベルに対する裏付けとしては、現状ではそれ1つだけだし、持久力の
面でここではもう1段階パフォーマンスを更新することが必要だが、可能性
としては一応考えてみたい存在。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。