2017年9月3日日曜日

新潟記念展望(ラップ傾向&予想)2017



過去のラップタイム


2016 12.8-11.0-11.2-11.4-12.1-12.0-11.9-11.7-11.5-11.9
2015 13.2-11.0-11.3-11.3-12.0-12.3-12.0-11.6-10.5-13.0
2014 12.9-11.3-11.7-11.4-11.7-12.2-11.9-11.7-11.1-12.4
2013 13.0-11.1-11.5-12.0-12.3-12.4-11.9-11.4-10.8-12.5
2012 12.8-11.2-11.8-12.1-12.5-12.4-11.7-10.9-10.3-11.9
2011 13.2-11.0-11.9-12.0-12.8-12.4-11.7-11.2-10.9-12.0
2010 12.9-11.4-11.9-12.0-12.4-12.1-11.4-11.1-11.0-12.2
2009 13.1-11.4-12.1-12.2-13.0-12.6-11.7-10.9-10.4-12.2
2008 13.0-11.1-11.6-11.1-12.0-12.4-12.0-11.6-10.8-11.9
2007 12.8-11.2-11.1-11.1-11.9-12.3-11.9-11.8-10.9-12.8

過去10年の平均ラップタイム
12.97-11.17-11.61-11.66-12.27-12.31-11.81-11.39-10.82-12.28
1.58.29




ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムを見ると、前半ミドルペースくらいの流れから、道中は一旦
落ち着く展開になり、ラスト4F~2Fでかなり加速して、最後は少し落ちる形。

ここではスタート直後はそれ程速く流れないのだが、最初の直線の長さによって
4F目までなかなかスピードが落ちず、尚且つ3~4コーナーも(落ち着く形では
あるが)極端には緩まない。

そのため、上がりでしっかり速い脚を使うには、それなりに流れる道中で如何に
脚を使わないかが重要になり、結果的にはやはり(走法なども影響するものの)
一定の持久力が問われる。

その条件をクリアしていることを前提にして、最後に勝負を決めるのは、大きな
加速に対応できる最低限の切れと仕掛けてからの持続力であり、地の強さだけで
粘り込む(浮上する)タイプでは結局は難しくなる。


好走の条件
・一定の持久力は必要
・(切れ&)トップスピードの持続力があること



予想


◎マイネルフロスト
前走は、完全に前傾の極端に厳しい展開の中で、早めに仕掛けていく形からの
粘り込み。改めて高い地力を示した。
その時はゴチャつく前に進出したことで問題にならなかったが、元々大きな
フットワークをする馬なので、本質的には直長コースの方が合う印象。
実際に、同舞台の新潟大賞典でも高いパフォーマンスを示している訳だし、
今回も普通に好走出来ていいはず。
重賞で3回連続で結果を出しても上がらない人気。当然推したい。

○ルミナスウォリアー
昨年ここでは5着。その時のパフォーマンスは高くて、とりあえずはそれだけ
でも普通に上位扱い。
さらに今年の場合、前走で前半からしっかり流れに乗った内容を示していて、
(控えての→決め手だけでは足りない)ここへの臨戦過程としては、昨年より
断然に好感が持てる。
結果的に相手の方に期待…という意味での2番手だが、当然頭まで考えたい。

▲タツゴウゲキ
前走は、前半~道中の水準がかなり高い展開で、その流れに好位からしっかり
つき合った格好での勝利。高い持久力を示した。
タイプ的に、ここがベストという馬ではないが、一応この舞台での好走歴は
持っているし、速い上がりが全く使えない訳でもない。
斤量は増えるが、引き続きの好走に期待しておきたい。

注フルーキー
以前と比べると、最近はさすがに成績がバラついてきているのだが、例えば
新潟大賞典の、今年と昨年の内容を比較してみると、パフォーマンス的には
今年の方がむしろ高く出ているくらい。まだまだ見限れない。
前半はどうしても控えるタイプなので、正直ここの勝ち馬像とは異なっている
ものの、最後に浮上してくる可能性は当然考えておきたい。

△アストラエンブレム
決め手があり、一定の地力もしっかりと示していて、当然可能性はある。
それでも2000mという距離の中で、"レースを通して"一定以上の水準で進め
なければならないここに対しては、それを支えるための(純粋な)持久力の
裏付けを持っていない扱い。(距離経験がないというのもあるが)
その中で斤量も背負う方の立場。人気程に信頼はできない。

△ウインガナドル
前走は、前半~道中をまずまずの水準で進めつつ→上がりも長い脚が問われる
中でしっかりと粘り込んでいて、その内容と、前々走で示した切れを合わせて
考えると、ここでもある程度出来ても良さそう。
示しているパフォーマンスの横の比較では、現状ではさすがに古馬には敵わ
ないが、ここで更新してくる可能性はとりあえず考えておきたい存在。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事