2017年9月9日土曜日

セントウルS展望(ラップ傾向&予想)2017



過去のラップタイム


2016 12.3-10.2-10.6-10.8-11.2-12.5 33.1-34.5
2015 11.9-10.8-11.3-11.1-10.9-11.8 34.0-33.8
2014 11.8-10.3-10.8-11.0-11.2-12.3 32.9-34.5
2013 12.0-10.9-10.9-11.0-10.9-11.8 33.8-33.7
2012 12.0-10.3-10.9-11.0-11.2-11.9 33.2-34.1
2011 12.2-10.6-11.3-11.3-11.0-12.1 34.1-34.4
2010 12.0-10.7-11.2-11.5-10.8-11.8 33.9-34.1
2009 12.2-10.7-10.9-11.2-11.1-11.7 33.8-34.0
2008 12.2-10.6-10.7-10.7-11.3-11.8 33.5-33.8
2007 12.2-10.5-10.7-10.9-11.1-11.7 33.4-33.7

過去10年の平均ラップタイム
12.08-10.56-10.93-11.05-11.07-11.94
1.07.63 33.57-34.06




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半あまり速くならないが、その後はほとんど緩まずに
勝負所まで(一定に近い)速いスピードを刻み続けて、ラスト1Fだけ少し落ちる
…という形。

ここの特徴は、前半<道中という、真ん中の4Fの速さで、レース自体は前後半が
イーブンに近い形(やや前傾)になるが、単純な上がり勝負という訳ではない。
当然適性面では、スピード持続力が問われることになる。

一方で、3コーナーの入り方次第では、(スプリント戦としては異例の頻度で)
勝負所でしっかりと加速する展開も現れていて、場合によっては"切れ"を発揮
できる馬の台頭も考慮しておく必要がある。

脚質的には、開幕週なので当然前有利だとは言えるが、粘りのみが身上で単純に
ここの速い上がりに対応できないタイプもいるため、それを切れを備えた後続が
差し切る…という事態は想定しておきたいところ。


好走する条件
・先行力&スピード持続力(&切れ)があること



予想


◎フィドゥーシア
前走は、前半人気馬同士でやり合った結果、最後伏兵に差された格好だが、
真っ向勝負の中で相手を競り落とした…という部分だけを見れば、間違いなく
最も強い競馬をした扱い。
6Fでのパフォーマンスとしては、威張れる程のものはないが、春雷Sや長篠S
など、直線でもうひと脚を使った内容はあるので、少なくとも適性は合う。
正直押し出されたような本命だが、他に推し切れるような馬もいないので…。

○スノードラゴン
昨年ここでは5着。その時は得意のハイペース戦になったことも大きいが、
いきなりの積極策を選んだ中での粘り込みなので、そこはシンプルに評価。
タイプ的に本来ここがピッタリという訳ではないが、CBC賞や高松宮記念の
パフォーマンスは高いし、薄く感じる今回のメンバーの中ではやはり上位。
昨年程のペースにはならないであろう今年こそ、積極的な競馬を期待したい。

▲ラヴァーズポイント
昨年ここでは3着。近走は結果こそ出ていないが、CBC賞では、最も難しい
立場だった中団から進めて→まずまずの着へのなだれ込み。
前走の北九州記念に関しても、10着ながらもそれほど負けている訳ではなく、
どちらもパフォーマンス的には全く悪くはない。
元々持続力は示しているタイプで適性は合うし、しっかり注目したい1頭。

注ダンスディレクター
シルクロードSは、パフォーマンスとしては昨年よりも劣るのだが、相手の
セイウンコウセイはその後頂点まで登り詰めている訳だし、元々の地力では
やはりトップレベルの扱い。
結果的に今年もその時以来の出走となり、状態面での不安はさすがにあるが、
持続、決め手という方向性は合うし、可能性は当然考えておきたい存在。

△メラグラーナ
持続力と上がりの脚という部分では、ここの適性にはまる可能性はありそう。
ただし"長さ"を感じさせる馬体で、シンプルに外を回す形の方が上手くいって
いる…というのは実際あって、その点、前走に引き続いて今回も内枠を引いた
ことは微妙かも。注目はしたいが、あくまで相手の1頭という扱い。

△ファインニードル
前走は、直線で詰まった…という敗因はあるし、それを考えれば5着は立派。
それでもこの馬は、タイプ的に後半にあまり味のあるイメージではなくて、
パフォーマンスとしても、これと言うものを示している訳ではそもそもない。
それでいてこれ程に人気する理由が良く分からない…。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。