2012年6月3日日曜日

安田記念展望 2012


予想
土曜の競馬を見ると、500万下で33秒1の時計が出ていて、しっかり速い馬場は
保たれているので、少なくとも32秒台前半、(G1であれば最早驚きはない)
31秒台も視野に入れておく必要がありそう。

ただし予報を見れば雨となっているので、どの程度の影響が出るか…というのが
本当に厄介なところ。
その部分で(個人的に今回切った)香港馬にもチャンスが巡ってくる可能性すら
ありそうだが、結局そこはリスクとして受け入れるしかない。

とりあえずはシルポート筆頭に作られるハイペースから、(このコース特有の)
溜め→切れという展開を素直に想定しておきたい。


◎リアルインパクト
基本的に溜め→切れというタイプで、ハイペース戦自体は楽にこなすものの、
筋持久力(持続力)の問題か、ジワジワ脚を使う形はダメだとか、スローでも
終い伸び切れないところとか、(長い距離は全く使われていないが)マイルだと
少し持て余し気味に見える馬体とか…。
何より(それらが作用して)東京では1枚上の強さを見せるところとか…。
本当にウオッカに近いイメージの馬。
単勝20倍…。当然本命。

○グランプリボス
とりあえず前走に関しては、外枠発走からポジションを下げた競馬で、自身は
(大幅に更新する形での)過去最速上がりを繰り出している訳だし、前々走に
関しても、綺麗に内しか来ない状況で外を回った訳で、ともに大きく下げる程の
理由にはならない。
そこで近走を度外視すれば、元々溜め→切れは発揮できていた馬だし、スピード
耐性という点でも問題ない。
さらに今回は、本当に久々に見る内枠の帽子を手に入れていて、条件は整った
印象すらある。注目したい。

▲ストロングリターン
とりあえず京王杯SCの比較で言えば、今年は休み明けでもあったことだし、
十分昨年レベルには達していそう。
とにかくこの馬は、終いを伸び切ることに関しては相当なものを持っていて、
当然浮上はしてくるものと考えておきたいイメージ。
ただし今年は鞍上が違っているので、もし内を捌く選択をしなかった場合に、
勝敗を決する場面に間に合わない…という可能性は少しありそう。

注マルセリーナ
とりあえずマイル以下であれば、どんな展開でも崩れない地力は見せている訳
だし、切れも持続力も一定のレベルはクリアしている馬。
勝ち負けをしているところまで達するイメージはさすがに描けないが、ある程度
上位に浮上してくる可能性は十分にありそう。注目はしておきたい。

△フィフスペトル
切れという点ではさすがに高い評価はしづらいが、持続力に関してはメンバー
中でも上位の裏付けを持っている馬だし、単純に地力を考えれば、ある程度粘り
込む可能性はあって良さそう。
前半のペースを程々に受け流せるくらいのポジションであれば。

☆サダムパテック
とりあえずG1の流れで、前半しっかり引っ張られる形になることはいいはず
だし、ある程度の浮上はあって良さそう。
ただし、適性的には明らかに持続力を活かしたいというタイプなので、一応は
切れが必要な展開にどこまで対応できるかは微妙…。

☆エイシンアポロン
G1は獲ったが、未だにマイルでは32秒台の領域にすら辿り着いていない馬
だし、ここはさすがに切りたい感覚にはなるのだが、またも雨予報というのなら
溜め→切れというタイプ的にも放置は出来ない…。
本格的に渋るなら当然もっと上の評価…と思っておきたい。


×アパパネ
昨年のヴィクトリアマイル~安田記念の内容で考えれば、ここは普通に上位の
扱いになるが、前走のレース&パドックのイメージからは、さすがに推しづらい
感覚にはなってしまう。
ここが本番だったとしても、本当に変わるのかどうか…もう分からない。

×シルポート
前走は今までとは違うレベルで前半~道中を飛ばして後ろの脚を消した…という
内容だったので、もしかしたら地力の面で扱い方を変えなければならないのかも
知れない…。
それでも東京でそのパフォーマンスを再現するのは至難の業だと言えるし、最後
もう1段ギアチェンジする…というところまでは結局求めづらい。

×ガルボ
同舞台・東京新聞杯では、ゆったりした流れからの決め手を発揮して勝ち切って
いるが、基本的にこの馬は"持続力"というタイプ。
ハイペースからしっかり持久力が問われるG1だと、どうしても格的に厳しい
イメージになってしまう…。

×コスモセンサー
前半飛ばす形はいいとしても、道中で少しでも溜めが入る展開から、しっかりと
ギアチェンジして直線で脚を使う…というタイプでは元々なく、本質的にこの
舞台への適性は微妙。素直に静観しておきたい。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事