2012年6月17日日曜日

マーメイドS展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.3-10.9-12.8-12.8-12.4-12.2-12.0-11.7-11.4-11.9
2010 12.4-10.6-12.3-12.6-12.0-12.1-12.1-11.8-11.5-12.1
2009 12.4-10.7-12.6-12.4-12.2-12.2-12.0-12.0-11.4-12.3
2008 12.7-11.2-12.4-12.5-12.3-12.7-12.4-12.3-12.2-12.8
2007 12.6-10.9-11.6-11.5-11.4-11.8-11.9-12.1-12.5-12.1
2006 12.6-11.2-12.5-12.4-12.3-12.8-11.8-11.4-11.7-12.4(注:京都開催)
2005 12.7-11.7-12.1-12.0-12.0-11.9-11.7-11.7-11.9-12.8
2004 12.8-11.0-12.6-12.3-12.3-12.1-12.0-11.8-11.4-11.7
2003 12.5-11.2-12.4-13.0-12.6-12.3-12.2-12.1-12.4-13.0
2002 12.6-11.4-12.4-11.6-11.4-11.5-12.0-11.7-11.8-12.7

過去10年の平均ラップタイム(2006年は除く)
12.56-11.07-12.36-12.30-12.07-12.09-12.03-11.91-11.83-12.38
2.00.59




傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいの流れで、道中は
ほとんど緩まずにかなり締まった展開になり、そのまま上がりまで一定に近い
スピードを維持しつつ、ラストだけ少し落ちる形。

ここの特徴はやはり道中の速さで、その厳しさに対応できるだけの持久力を
まずは備えていなければならず、そこから上がりに掛けても、かなり長い脚を
使う必要があるために、当然のように持続力が問われる。

脚質的にはどちらが優勢ということは言い切れないが、差し馬の場合、道中で
脚を使う形からでも、最後まで伸び切れるような地の強いタイプでなければ上位
浮上は難しく、切れるタイプの差し馬が道中で脚を削られて直線不発⇒逃げ&
先行馬が残る…という事態は考慮しておく必要がありそう。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想
とりあえずの印象としては、先行馬ばかり…というメンバー構成。
それに道悪が重なって、実質かなりのハイペースになりそうな雰囲気。
となれば、とにかく持久力があって、厳しい流れからでも粘れるor浮上できる
タイプを中心に見ておきたい。

◎アグネスワルツ
とにかく厳しい展開からの地力勝負は望むところで、(敗れた前走を含めて)
ここ2戦のパフォーマンスは圧巻…という内容を示している。
今回は競合する相手も多くて、前にはある程度厳しくなる想定とは言っても、
この舞台なら前2走と比べたら楽ができそうな雰囲気だし、この馬にはさほど
問題ではない。むしろこの馬の周辺にいる馬が心配…。

○アニメイトバイオ
とりあえずここ3戦の負けに関してはそれぞれ一応の理由が付けられそうだし、
状態的にも徐々に上昇している雰囲気を感じる。
当然斤量は背負う立場だが、展開的に嵌る可能性は十分にありそうで、ここは
高めの評価をしておきたい感覚。

▲グルヴェイグ
この舞台のことを考えると、もう少し軽さを活かしたいタイプだし、適性的に
ベストという気は全くしないが、重めの馬場でアグネスワルツが作った展開を
浮上した経験は持っていて、可能性としてはやはり考えておきたい馬。
と同時に、ウィリアムズJの強気過ぎる位置取りから脚をなくす可能性…という
リスクも今回は考慮しておきたい。

注アカンサス
前半速い展開の福島牝馬Sでもしっかり浮上出来ているし、道中~上がりでの
脚の使い方的に、ここの展開に嵌る可能性はありそう。
ただし前半(自身が)あまり引っ張られても良くなさそうなので、それにつき
合わず、しっかり受け流す格好であれば。それで届く馬場なら。

△シースナイプ
愛知杯では、道中~上がりに掛けて脚を使う形である程度浮上出来ているし、
今回も上位に食い込む可能性はあって良さそう。
ただしここの展開に対しては、タイプ的にもう少し道中ゆったりしたいイメージ
なので、最後伸び切れるかどうかは微妙な印象…。

☆スマートシルエット
道中の締まった展開でもある程度のパフォーマンスは示しているが、基本的には
溜め→切れという方向の馬。レース後半の持続する展開でどうか…。
何より、アグネスワルツを見ながら…くらいの位置取りだと脚が上がりそう。

☆レジェンドブルー
但馬Sのように、道悪でマイペースで行けるのであれば一発の可能性もあるが、
このメンバーではその再現性は低い。
その時のように、アグネスワルツが控えるミラクルもまず起こらないはず。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事