2013年5月18日土曜日

平安S展望 2013


過去の(何だか東海Sと呼ばれていた時代の)ラップタイムは以下の通り。

2012 7.0-10.9-11.4-12.7-12.7-12.9-12.3-12.0-11.9-12.6
2011 6.7-11.7-11.6-12.4-12.1-12.1-11.8-11.7-11.4-12.2
2010 7.0-10.8-11.5-12.8-12.5-12.5-12.3-11.9-12.0-12.1

2010~2012年(東海S)ラップタイム



傾向
1900mは1800mと比べて最初の直線が長いためか、前半が少し速くなりがちで、
その分道中一旦落ち着く形から、勝負所ではある程度加速する。

↑というのが、昨年の記事から抜粋したコースの特徴だが、実際このレースでも
基本的にはその傾向は踏襲されている印象。

つまりここで重要なのは、「速→遅→速」というリズムに対応できること。
具体的には、脚を溜めるべき道中で、無駄脚を使わないための持久力を備えて
いることがまずは必要となる。

そして上がりの部分に関しては、仕掛けが早くなりがちの舞台なだけに、ラスト
4Fをしっかり伸び切れる…というのも当然重要になるが、それ以上に、単純に
ここの速い上がりに対応できる…という性能に優れたタイプが中心となりそう。


好走の条件
・持久力&決め手があること


予想

◎ニホンピロアワーズ
昨年(東海S)もしっかりと好走しているように、極端にスピードに寄った展開
よりかは多少ゆったりする形の方が合っているタイプなので、適性的にもここは
やはり嵌る印象。
59kgという点で嫌ってみるにしても、休み明けの前走で普通にこなしてしまって
いる訳だし、大人気でもなかなか下げる選択肢も取りづらい…。

○ハタノヴァンクール
長い道中で緩急がつく展開は得意だし、"一瞬の切れ"という部分ではダート馬の
中では本当に頂点近くにいる…と思える馬。
当然ここの展開であれば、勝負所ではしっかりと主張してくるだろうし、流れが
厳しくなり過ぎなければ、相手を交わし切る可能性も十分あるはず。
あとは(鞍上の考える)位置取りと、59kgを跳ね返せるかどうかだけ。

▲ソリタリーキング
前走は4コーナーで中を突いたことで捌きに苦労したが、自身過去最速上がりを
使って4着までしっかり浮上していて、やはり性能の高さを感じさせる馬だし、
ここで距離延長しての前進は十分に見込めそう。
勝ち切った昨年からは斤量が増えているが、相手との相対的な斤量では変わって
いないし、それなりに格好はつけても良さそう。

注キングスエンブレム
2年前はあまりにスピードに寄った展開で浮上出来なかったが、本来はここの
展開には嵌っていいタイプ。
当然状態面が問題だが、少しでも戻っているならば、上位3頭を除けばこの馬が
ある程度浮上出来てもいい…と思えてしまうメンバー構成ではある。

△ナイスミーチュー
この手の展開はある程度はこなしていて、浮上の可能性ももちろんあるのだが、
上位の馬と比べると、もう1つ(上がりの)性能が足りない…という印象。
2~3頭が抜け出した後方で、3、4着争いをする…くらいが妥当。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事