2013年5月12日日曜日

ヴィクトリアマイル展望 2013


予想
雨の土曜競馬でも極端にパワー寄り…という訳ではなかったし、夜中まで降り
続いてどのくらいの馬場になるのか分からないが、日曜は晴れて気温も上がり
そうだし、G1用の全力補正で、結局はある程度のスピード馬場に回復する…
という想定をしたい。

メンバー的には、逃げるかも知れない…という馬が数頭いるだけで、正直厳しい
流れになるとは思えないし、マイラー的なスピード(先行力)、決め手という
部分を重視しておきたいイメージ。


◎サウンドオブハート
前走は、スローな展開ではあったが、(馬場差込みで言えば)究極的な決め手を
発揮していて、その内容的にも、エイジアンウインズの年のようなイメージで、
ここにつながっても良さそうな雰囲気がかなりある。
前々走までの3走でも、しっかりとスピード持続力という部分を示しているし、
実力、適性ともに、この舞台を勝ち切れる要素を間違いなく備えている。
当然人気の一角にはなっているが、ここは素直に期待してみたい。

○イチオクノホシ
前走はスローな流れではあったが、その中でも1枚上の決め手を発揮した格好。
昨年秋から今年に掛けて馬体がグングン大きくなって、ついには460kg台。
430kg台で、あと1つ何か足りない…と(個人的に)感じていた頃とは馬が全く
違っているのかも知れない。
その"成長"を考えると、上がり勝負想定のここも、"切れる"可能性は高そう。

▲ハナズゴール
道中からある程度脚を使っても大丈夫な馬だし、終いの破壊力に関してはやはり
メンバー中でも屈指の存在。
ただし経歴から、それを存分に発揮するには、前半少しだけ溜めが必要…という
部分があるので、流れがスローになることと、究極的な上がりを使える馬が他に
存在しないこと…という2つの条件が勝ち切るためには必要。後者が微妙。

注ヴィルシーナ
前走は早めスパートでペースが上がってからの、勝負所の更なるギアチェンジに
ついて行けず、一線級との性能の差を感じさせる内容ではあったが、そこまでの
切れがあればそもそも秋華賞は勝っていたのだろうし、特に問題にはならない。
タイプ的に、ここでは少しゆったりし過ぎな印象もあるので勝ち切るイメージは
ないが、結局は地力で、それなりの格好はつけそう。


△アイムユアーズ
前走は休み明けの状態で、馬場の悪い内を通り、展開的にも極端な上がり勝負に
なった…というように悪条件が重なった結果とも言えるし、一応は度外視。
それを除いて、マイラー的な資質ということで考えれば、やはりメンバー中でも
上位の馬だし、ここでもある程度残る可能性は十分あるはず。状態だけ。

△ドナウブルー
前々走はあまりに何も出来ない内容だったが、前走に関しては厳しい展開を道中
かなり積極的に攻めていて、着順はともかく、まずまずの内容だったと言える。
したがって状態は恐らく上げて来ているだろうし、適性的にも、前走と比べれば
溜められそうなここでの前進は見込め、巻き返す可能性はあっていいはず。

△オールザットジャズ
昨年と同じく、福島牝馬Sを勝ち切っての参戦になるが、内容的には今年の方が
明らかに上というパフォーマンスを示していて、この舞台での前進もあり得る。
それでもタイプ的に、マイラー的な要素を求めようとすると、どうしても忙しい
イメージにはなるので、結局は掲示板圏内争い…くらいが妥当。

★レインボーダリア
まず単純に、上位の顔ぶれが(恐らく)安田記念のそれとほとんど変わらないで
あろうマイラーズCで、グランプリボスから0.3秒差…で走れる牝馬は滅多には
いないだろうし、その内容も十分に評価できるものだった。
当然地力を考えると、本命にしたいくらいの気持ちになるが、今回スローになる
可能性が高い…という部分で、それを覆す程に積極的に行けるか…は結局微妙。


☆ザッハトルテ
前走は、なかなかの内容で突き抜けた。
上位とは差があるが、スローを想定した中では、可能性としてはあってもいい。

☆ジョワドヴィーヴル
中日新聞杯などを見ればやはり素質は感じさせる馬だし、浮上の可能性はある。
それでも上位に推す決め手には、現状では結局欠ける。

☆フミノイマージン
昨年はなかなかの酷い騎乗で浮上出来なかったが、本来はもう少し出来るはず。
ただし近走、状態面で物足りなさを感じる…というのも事実。





スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。