2013年5月19日日曜日

オークス展望 2013


予想
とりあえずデータを見ていて、とにかく今年は裏付けが薄い…ということこそが
特徴的で、どの切り口から入るにしても結局確信は持てなさそう…。

それでも桜花賞の場合、水準自体は足りなくても、一応過去の好走馬に共通した
"型"を示していた馬が上位に入り、つまり全体的にマイナスのバイアスを掛けて
考える…というのが正解だった。⇒ここもそういうことでいいのだと思う。

結論としては、エリンコート・ピュアブリーゼ的な持久力の裏付けとなる"型"を
示している2頭vs一定の持続力を示した桜花賞上位の2頭…のイメージ。
(どれも結局水準は足りないのだが…)


◎デニムアンドルビー
負けた方の未勝利戦がここの"型"に嵌っていて、さらには勝ち切った未勝利戦で
道中高い水準の追走からの突き抜けを決めているように、持久力に関して十分な
裏付けを持っている。
さらにフローラSでは、ラップの緩い区間とは言え、3~4コーナーでしっかり
動きつつも終いまで伸び切っていて、持続力に関しても問題がない。
勝ち切れる条件は揃っており、人気でも、ここは素直に期待してみたい。

○ブリュネット
2走前の内容が、前半でしっかりと引っ張られ、道中も高い水準で進めつつも、
上がりではある程度しっかりした脚を使う…というもので、ここの"型"に嵌って
いるし、一定の持久力の裏付けとなっている。
走法的に更なる距離延長がどうか…という部分もあるが、オークスは、距離適性
よりも地力の裏付けの方が重要なレースだし、条件の嵌った4頭の中で1桁違う
人気となっている…というのなら、狙う価値は十分にありそう。

▲アユサン
この馬は、(個人的に)阪神JF~桜花賞で、◎→○→△と評価を下げていった
ところ、着順は逆に上がっていく…という相性的に非常に残念な存在。
一応その裏には、馬場の傾向の違いと体質の強化という理由がしっかりとあり、
その上で一定の地力を示した訳なので、単純にここでは、イメージを最初の頃に
リセットすればいいはず。
当然桜花賞馬らしく、オークスでは崩れない…という扱いにしておきたい。

注レッドオーヴァル
桜花賞では、道中~上がりに掛けてなかなかの持続力を発揮していて、一応この
舞台につながる内容は示した格好。
ただし対アユサンということに関しては、鞍上の乗り替わりがあるにしろ、より
持久力が問われる舞台に替わり、前走のラスト1Fでヘコたれた方の人気が上回る
…というのには少し違和感。正直着が入れ替わる気はしない。

△クロフネサプライズ
桜花賞ではハイペースをほぼ演出しながらも、直線もしっかり粘り込んでいて、
十分な地力を示した格好。
今回は逃げ宣言…ということなので、そこにこだわるのはどうか…とも思うが、
差し馬の方に注目が集まっている訳なので、マイペースで進められるタイミング
であることは確か。残る可能性は当然考えたいところ。

△エバーブロッサム
勝ち上がった未勝利戦は、フラットな展開を、勝負所積極的に行きつつ最後まで
踏ん張り通した内容で、オークス向きな持続力は示している。
ただしスタートをゆったり入るフローラS(東京2000m)ではまだしも、ここは
前半ミドルペースくらいで入るのが普通なので、もう少し緩急への対応…という
裏付けが欲しいところではある。浮上の可能性はもちろん考慮したい。

☆ローブティサージュ
これまでは一応どんな展開であっても、内容的には崩れていないという格好で、
地力に関しては、ここで敢えて疑う必要はないはず。
それでもこの馬は、脚の使い方的にここよりも内回りの秋華賞の方が合っている
…という印象があり、浮上するにしても掲示板くらいが妥当な気がする。
今後に向けては注目したいが、狙うかどうか…では、狙わない方向で。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事