2015年4月11日土曜日

阪神牝馬S展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.3-10.4-11.3-11.5-11.7-11.5-11.6 34.0-34.8
2013 12.4-11.6-11.8-11.5-11.4-11.2-11.5 35.8-34.1
2012 12.4-11.0-11.5-11.5-11.4-11.6-12.5 34.9-35.5
2011 12.0-10.7-11.3-11.6-11.5-11.4-11.9 34.0-34.8
2010 12.2-10.4-11.2-11.7-11.5-11.4-11.8 33.8-34.7
2009 12.4-11.0-11.7-11.7-11.4-11.5-11.7 35.1-34.6
2008 12.8-11.1-11.5-11.8-11.3-11.3-11.6 35.4-34.2
2007 12.2-10.8-11.1-11.4-11.4-11.8-12.0 34.1-35.2

過去8年の平均ラップタイム
12.34-10.88-11.43-11.59-11.45-11.46-11.83
1.20.96 34.64-34.74




傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見ると、前半まずまずのペースで流れて、道中も極端には
緩まない展開になり、そのままラストまである程度速いスピードを維持する形。

(このコースらしく)基本的には淀みのないラップを刻み続けるスピード持続力
勝負…というレースだが、その中でも形としては、ハイペースからの粘り勝負
orゆったりした前半からの上がり勝負という2種類の展開に分かれる。

したがって、まずはフラットな流れへの対応力を備えていることが大前提だが、
それにプラスして、(予想される流れによって)持久力or決め手を重視する…
というイメージで選びたいところ。


好走する条件
・スピード持続力があること


予想
速くなりそうな雰囲気はないので、好位&(突き抜けるような)決め手…という
方向で考えたい。

◎ウリウリ
この舞台ではこれまでにもしっかりと結果を残しているように、"持続力"という
部分でも一定の信頼ができる馬だし、ある程度淀みのない展開から→突き抜ける
ような上がりを使う…というイメージも十分に描けるタイプで、今回想定した
展開に対しても普通に嵌って良さそう。
欲を言えばもう少し内目の枠に入れば良かったが、ここは素直に推してみたい。

○ベルルミエール
元々ファルコンSやNZTなどの内容からは、持続力⇒7F戦への適性がイメージ
出来たタイプで、実際に秋にはこの距離の条件戦でそれぞれ真逆の展開を連勝。
とりあえずこの舞台自体は普通にこなせそうな雰囲気。
前走に関しても出遅れて本来の競馬が出来なかった…というだけだし、平均的な
ペースで流れれば、この相手に対しても十分残れて良さそう。

▲メイショウマンボ
昨年はヴィクトリアマイル以外は全く何もせずに終わった格好だが、それ以前の
レースも含め(着順ではなく)実際に示したパフォーマンスを見返してみると、
(個人的なデータの中では)最早距離的なものとしか思えない…。
距離によって区別することで、それ程に明確に差が出ている。
仮にその結論が正しいのであれば、ここで巻き返す可能性は当然あるはず。

注ホエールキャプチャ
地力は当然上位の馬で、以前このレースでは大敗した…という過去があるものの
その時期の敗戦はほとんど体調の問題と片付けられるし、前走の阪神C5着の方
だけを(適性的な判断材料として)素直に受け止めればいいはず。
今回は上がり勝負の想定ではあるので、結局勝ち切るイメージにはならないが、
実力的にはやはり普通に好走はしてきそう。

△スマートレイアー
昨年ここを勝ち切っている馬なので当然だが、持続力はしっかり示しているし、
速い上がり自体ももちろん使える。
しかし、どちらかと言えば地力差しタイプではあるため、周りも止まらない中で
1枚上の決め手を発揮して突き抜ける…というイメージではなく、その点が今回
想定した展開ではどうか…。微妙。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事