2008年6月18日水曜日

CBC賞回顧 2008


CBC賞結果
スリープレスナイト1:08.033.802-02
スピニングノアール1:08.233.608-07
テイエムアクション1:08.434.007-07
ウエスタンビーナス1:08.434.401-01
カノヤザクラ1:08.433.612-12

天候:曇 芝:良
上り4F:45.4 3F:34.0
12.0-10.6-11.4-11.4-11.0-11.6

CBC賞のパドック→写真(副サイト)


レースは34.0-34.0の前後半完全イーブンで全く淀みなく流れ、
2番手追走からも良い脚を使ったスリープレスナイトが勝利した。
この勝利で陣営は今後芝のG1を目指すと言っている。

確かに勝ちっぷりは強いものではあったが、この勝利の価値については
多少の疑問を持たざるを得ない。
その理由は2つある。
1つはこのレースでは馬場状態の悪さによって
どの馬も道中から脚を使わされる状態だった。
したがって前から行く馬、内を通る馬が断然有利だった。

もう1つはスリープレスナイトの馬体写真を見るとわかるが、
この馬は明らかにダート馬である。
ダート化した今の中京で勝ったからと言って、
芝への適正が必ずあるとは言い切れない。
とにかくこの馬を評価するのは次戦を見てからにした方がいい。


中京の馬場状態
この日は中京競馬の最終日であって、年に1度の馬場開放が行われたので、
当然行って来た。
馬場開放は4コーナーから入ってゴールまでという直線のみだったが、
写真を見てもらえれば分かる通り、内側は完全にダート化していて、
特に4コーナー辺りは酷い状態だった。
これではまともに予想しても当たるはずがない。

4コーナー
P1010195.JPG P1010196.JPG

内:中:外
P1010221.JPG P1010222.JPG P1010223.JPG




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事