2008年6月1日日曜日

日本ダービー展望 2008


■前回の記事→ダービーの傾向

前回過去のラップタイムからその傾向を探ってみたが、
その結果、好走の条件として以下のようになった。

ダービーで好走するための条件
1.2400m走り切るスタミナが大前提⇒掲示板争い
2.相当な切れ味を持っていること⇒複勝圏内争い
3.末脚を持続させる底力があること⇒1着争い


ここからは今回の出走メンバーの特徴を考えた上で、
実際に予想しようと思う。

参考レースのラップタイム
NHKマイルC
 12.2-11.0-11.4-12.1-12.5-11.7-11.2-12.1
皐月賞
 12.2-11.5-12.5-12.6-12.6-12.8-12.3-11.2-11.5-12.5
青葉賞
 12.5-11.3-12.4-12.7-12.9-12.9-12.6-12.5-12.3-11.6-11.2-12.0
プリンシパルS
 12.9-11.2-11.3-11.8-12.5-12.6-12.7-12.1-12.0-12.4
京都新聞杯
 12.9-11.4-13.0-13.2-13.2-13.7-12.8-12.1-11.7-12.0-12.4
弥生賞
 12.2-11.5-12.4-12.8-12.9-12.5-12.3-11.7-11.3-12.2
スプリングS
 12.6-11.3-12.4-12.0-12.5-12.5-12.0-11.6-12.0
毎日杯
 12.7-11.0-11.3-12.1-11.9-11.7-11.8-11.3-12.2
きさらぎ賞
 12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0
共同通信杯
 12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4


好走するための条件としてまずは切れがあることと書いたが、
出走メンバーを見渡すとどれもこれも切れるタイプばかり。
そこでそれぞれの持つ切れ味の性質を考えなければならない。

ダービーで好走するために必要な切れ味とは、東京2400mというコースだけに
とにかく極限の切れ味が問われることになる。
上記した各レースの中で、東京で行われたレースは当然のように切れが
必要となっているが、この中で特に目が付くのは何と言っても皐月賞である。

皐月賞は買ったキャプテントゥーレが中盤にかなり緩めたことで、
3~4コーナーにかけて相当に切れることが必要な展開となった。
中途半端な切れ味タイプではここで厳しくなったはずである。
したがってここで好走した馬はまずは第一条件クリアと言える。

逆にここで切り捨てられそうな馬の代表格はスプリングSで好走し
皐月賞で惨敗した馬達で、ダービーでも切れ負けする可能性が高い。

皐月賞では勝負所でかなりの切れが問われた後、
直線では相当な持続力が必要とされた。
したがって直線で最後まで伸びているような馬は、
ダービーでも期待してよさそうである。

別路線ではNHKマイルCと青葉賞の2レースが挙げられるが、
まずはNHKマイルCではかなりの切れが問われて、
その後、特に上位2頭は相当に脚を持続させていた。
したがってレースそのものも価値がありそうである。

青葉賞も切れが問われるレースではあったが、
スローに流れたわりにはそこまで大した加速ではなかった。
したがって皐月賞、NHKマイルCと比べると、
少しレベルが落ちそうである。


予想
NHKマイルC>皐月賞>青葉賞
というイメージで予想してみる。

◎ディープスカイ
NHKマイルCでのパフォーマンスはかなり高いものだった。
このレースで相当な切れがあるところを見せつけたし、
勝つためのもう1つの条件としてあげた末脚の持続力という面でも、
毎日杯でかなり長い脚をつかっているように相当なものである。
このメンバーの中では頭1つリードしている。

○タケミカヅチ
2番手にはこの馬とブラックシェルで迷うところではあったが、
こちらの方が切れ味で勝っている。
また皐月賞では最後かなり伸びていたし、持続力も問題ない。

▲ブラックシェル
切れもないことはないが、持久力に勝ったタイプで、勝ち切るには
何か1つ足りない馬だと言える。
それでも最後まで伸び切ることができるので、大崩れはまずない。

△マイネルチャールズ
切れも持久力もまずまずといったところ。
しかし勝ち切るためには何かが足りない。
騎手も大いに不安で、間違ったら道中の追走で力を使ってしまいそう。
勝つかどうかで言えば、レインボーペガサスの方が上。

注レインボーペガサス
渋った馬場は大歓迎で、チャンスが出てきた。
この馬は切れと持久力をバランス良く持っていて、
特に持続する脚にはかなりのものがある。
一方で切れ味に関してはまずまずといったところで、
極上という訳ではない。
それが皐月賞の善戦までという結果に表れている。
勝つには馬場状態の助けが必要。

×アドマイヤコマンド
切れはそこそこあるが、持久力に不安がある。
最後は止まる可能性がある。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事