2012年4月15日日曜日

皐月賞展望 2012


予想
おそらくメイショウカドマツが引っ張ると思うが、それにゼロスあたりが突っ
掛かるようなら、やはりある程度のペースでは流れそう。
まずは当然道中の水準に耐えられる…という部分から考えたいところ。

◎ディープブリランテ
とりあえず今回は、水準の高いスプリングSの2頭…という感覚だが、その時は
グランデッツァが最後まで外を通ったのに対して、この馬は馬場の悪い内側に
ヨレた形だったので、勝負付けが済んだとはまずは思わない。
その序列は一旦忘れて適性面から考えると、これ以上の距離延長ではともかく、
スピード勝負という方向ならやはりこの馬のイメージだし、ラスト1Fにしても、
道悪で最後のラップがしっかり落ちる形ならば地力で十分耐えられそう。
…何よりも今回は、馬体が相当決まって見える。

○グランデッツァ
休み明けながらしっかり押し切ったスプリングSの内容はやはり強く、ここは
当然勝ち切ることも考慮しておきたい場面。
ただし少しゆったりしたタイプではあるので、本来のイメージで言うと、中山の
小回りを器用にこなす…というのとは違っていて、とりあえず今回は相手の方に
期待しておきたい感覚。

▲ゴールドシップ
持久力&持続力ともに相当高く、個人的にはこの世代で最も強い…くらいの感覚
ではあるのだが、器用さには少し欠けるタイプなので、中山だと差し損ねそうな
イメージがどうしても湧く。
とりあえず勝ち切るとしたら前が総崩れとかの展開利が欲しい印象で、本命に
するのは距離延長した瞬間…ということにしたい。
(ここを勝ち切るようなら3冠馬なのでは…)

注フジマサエンペラー
前走は勝ち馬から1秒離された結果にはなっているが、レースの水準は高く、
この馬自身のパフォーマンスに関してもある程度高い評価ができそう。
休み明けを叩いて、しっかりとした上積みが今回あるようなら、好位から残る
可能性もあっていいはず。注目してみたい。

△ワールドエース
スローからの決め手という点ではかなり光るものを見せている馬だが、締まった
持続戦でどこまで…というのは結局未知数な印象。
その点、若葉Sの内容はまずまず…とは言えるが、例えばヴィクトワールピサの
阪神内回りの内容を見てみると、ラジオNIKKEI杯の時点で同程度の道中から1つ
上の上がりを繰り出している計算になり、皐月賞を勝つにはやや足りないか…。

△コスモオオゾラ
同コースではキッチリ勝ち切っているが、ここの道中の水準に対する裏付けは
薄く、弥生賞馬ではあるが強くは推しづらい印象。
ただしかつてのマイネルチャールズのように、このコースでの脚の使い方という
点では最も合っているはずの馬だけに、道悪で絶対的な水準が下がれば可能性も
あるのかも知れない…。

△アダムスピーク
前走は、同じ距離のラジオNIKKEI杯よりも(結果だけでなく)パフォーマンスを
明らかに落としていて、本当にそこからの一変があるのかどうか…。
タイプ的にも溜め→切れという方向で、おそらく純粋な持久力を活かしたい馬
なので、実際ここの持続型の展開がどうか…というのもある。
距離延長の方が良いのかも知れない。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事