2012年4月29日日曜日

天皇賞春展望 2012


予想
とりあえずは土曜の競馬を見る限り、とてつもなく速い馬場に仕上がっている
印象で、どんな時計が出るのか…というのがまずは楽しみ。

展開的には、ケイアイドウソジンあたりが仮にペースを落ち着かせたとしても、
ナムラクレセント&和田Jコンビがいるので、ただの切れ勝負というのは考え
にくいし、万が一ナムラクレセントが動かなくても、トーセンジョーダンの方が
一気に動く可能性が今回は高い…と思える。

となれば、超高速馬場でそれをする訳なので、11秒台半ばを刻み続けるラスト4F
~5Fという展開になる可能性が十分にあって、やはり持久力&持続力重視、特に
後者のスピード持続力という部分で、一貫したスピードレースで結果を残して
いる…というような裏付けが欲しいところ。
(もちろん他で持久力を示していることが大前提)

とにかく今年の場合、(例年ならば遅れて掲示板辺りに浮上してくるような)
スタミナに偏ったタイプでは全く間に合わない…という雰囲気ではある。


◎オルフェーヴル
持久力&持続力&切れのどこにも問題がないし、超長距離の道中水準…とかを
言い出したところで、菊花賞&阪神大賞典はしっかり高いレベルだったため、
既に裏付け十分という扱い。
結局、前走のような事態…くらいしか否定する要素が無い。当然の本命。

○トーセンジョーダン
持久力&持続力高く、単純に実力では抜けて2位くらいのイメージだし、切れ
という点でも、ナムラクレセントについて行けば問題なさそうに思える。
さらに岩田Jが"駆け引き"…ということを言っていたので、それを考えると、
オルフェーヴルよりも遅れて仕掛ける駆け引き(選択)があるとは思えないし、
下り坂を利用して一気に仕掛けるイメージも、このジョッキーなら浮かぶ。
もしその通りになった場合、アルゼンチン共和国杯&天皇賞秋で示した持続力が
俄然として活きるはずだし、"強い2着"になる可能性は高そう。
この馬の場合、馬体&走法がこの舞台では逞し過ぎる印象で、つまり(一蹴り
一蹴りが強いため)長い道中で無駄な力を使ってしまわないか…という懸念は
正直あるが、それを克服するレベルの馬…というのが一応の結論。

▲ヒルノダムール
昨年は他の馬が次々と仕掛けて行く展開を眺めつつ、最後浮上して勝ち切った
訳で、恵まれた部分もあると思うし、ここで下げる選択肢も当然ある。
それでも今回は、前が一気に仕掛けて11秒台を刻み続ける…という展開を想定
しているので、そうなると(昨年の大阪杯に裏付けされた)この馬の持続力が
活きる可能性が高い。浮上してくるものと考えたい。

注ウインバリアシオン
菊花賞のパフォーマンスだけでも、この舞台への裏付けとしては十分で、何より
馬体を見比べると、メンバー中で最もここに合いそうなイメージ。
当然今回は、馬体を見た瞬間の第一感では「この馬!」という気がしたのだが、
基本的に純粋な持久力&決め手というタイプで、ラストが中距離に特化した一貫
したラップ…という想定をすると、裏付け的に微妙な印象にはなる。
(JCの捲くりで、恐らく自身は11秒台のラップを5つ並べているので、それを
裏付けと捉えていいかどうか…)
今回は高速馬場⇒実質決め手寄りの展開という想定で、一旦はこの馬を2番手
評価…という予想を書いたのだが、それだとどうしてもピンとこなかった…。

△ナムラクレセント
持久力&持続力高く、この距離では明らかに格が1つ上がるタイプ。
速い馬場に関しては、元々スマートギアと争っていた頃に中距離的なスピードも
示している訳だし、切れ不足に関しても、当然鞍上がその対策をしてくるはず。
人気的には相変わらずの低評価だが、脚質的にも馬場の恩恵を受けそうな場面で
単勝50倍…というのはとりあえず違和感を感じる。
ただし今回は、トーセンジョーダンに"お株を奪われる"想定。

△ギュスターヴクライ
阪神大賞典は、道中の水準がある程度高いので、一定の地力は認めて良さそう
だが、大変な事態に見舞われた外に対して、内をロスなく回れた…という部分も
やはり大きい印象。
タイプ的にも、純粋な持久力&決め手という方向の馬なので、終いの部分で速い
スピードを刻み続ける…という展開を想定すると、そこを最後まで伸び切れるか
どうかは微妙に思える。

△クレスコグランド
久々の出走で、厳しい展開だった前走でも崩れなかったし、タイプ的に持久力は
十分感じられる馬。
切れはないので、このメンバー相手に決め手で主張するのは難しいが、展開的に
"止まらない"戦いになれば浮上もあり得る。可能性としては考えておきたい。
あとは絶対的なスピードでどこまで…という問題。

☆ジャガーメイル
この馬の適性的には、普通に浮上してきそうな舞台ではあるのだが、基本的に
純粋な持久力&決め手というタイプなので、極端なスピード持続力という方向に
なると難しくなりそう。
何より今回は、馬体的にかなり決まっている馬が多い中で、この馬はこの形で
いいのか…という部分もある。

☆ローズキングダム
昨年に比べたら、軽い馬場が味方しそうな雰囲気ではあるのだが、展開的には
やはり決め手勝負の方向になった方が良いというタイプ。
早仕掛けをする馬がいる…という想定をした時点で、位置取り的にもしっかり
巻き込まれそうだし、どうしても下げたくなる。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事