2012年5月27日日曜日

日本ダービー展望 2012


予想
今回はおそらくゼロスが逃げるだろうが、この馬は単独で確実に締まった展開に
持っていくというタイプではない。
それに対して、ディープブリランテは(とにかく落ち着かせたいので)ケンカを
仕掛けるはずはないだろうから、後はトーセンホマレボシが突っ掛かるかどうか
…というくらい。

つまりペースはトーセンホマレボシ次第ということになるが、鞍上が外国人J
という部分で、意図して締め付ける雰囲気でもなく、ゆったりと流れる可能性は
高そうだし、スローなのに縦長という、最近の流行型になることもあり得る…。

そうなると好走出来るのは、好位から(早めに仕掛けても止まらない)持続力を
発揮できる馬か、中団から1枚上の決め手を発揮できる馬に限られる可能性も
ありそうで、持久力重視の基本的な部分は変わらないが、上がりの性能に注目
して今回は考えたい感覚。


◎ゴールドシップ
皐月賞は上手く内を浮上した部分はあるにしても、道中は外を回した馬以上に
脚を使っている計算で、やはり持久力&持続力は相当高く、普通に1枚上の地力
という可能性も十分。
もし今回、スローからの切れ勝負になったとしても、それは共同通信杯で予行
演習済みのように、ある程度高いポジションから進める選択もあり得る訳だし、
当然ここでは有力ということになる。
タイプ的に不器用な所がある馬ではあるので、フルゲートで上手く立ち回れるか
不安な部分もあるが、個人的に、皐月賞勝ったら3冠…宣言をしてしまっている
以上、最早負けるまでは本命は外せない…。

○グランデッツァ
皐月賞では他の上位馬が(それぞれ多少の不満はあるにしても)基本的には自分
自身の持ち味を活かした走りをしている中で、後方から大外を回す…という形で
最も自分の競馬をしていないのがこの馬。
それにも関わらず人気的に随分と嫌われた印象で、手替わり微妙でも、さすがに
ここで控えるという選択はないだろうし、条件的に普通に前進が見込めるここは
当然期待したくなる。出来も素晴らしく見える。

▲トーセンホマレボシ
前走の大レコード自体はそこまで理由にもできないが、高速馬場のフラットに
近い展開を押し切っている訳なので、スピード持続力という部分では十分に評価
していいはず。
2010年のような単純な決め手勝負ではもちろん困るが、ゼロスをある程度離して
逃がす形であれば、兄のJCのように、早めに追い掛けて粘り込む…可能性は
十分あってよさそう。

注ワールドエース
皐月賞では、締まった展開を大外を回しつつも最後しっかり浮上しているので、
地力は十分に認められるし、今回ゆったりとした流れになれば、当然この馬の
決め手が活きるはず。
ただし今年は他の馬の実力がなかなか高く、周りも簡単には止まらないという
状況の中で、鞍上は有力馬を睨みつつ外を回して…というようなことを言って
いたので、確実に全てを交わし切れるかは微妙にも感じる。

△フェノーメノ
ゆったりしたタイプで、この舞台自体はかなり合っているイメージ。
ただ極端な決め手を発揮するという馬ではないので、ペースが落ち着いた場合に
他馬に対して主張できるか…という不安は少しあって、確実に勝ち負けに絡む
とはさすがに言い切れない印象。
極端な展開ではなく、ミドルペースの総合力勝負であれば。


☆コスモオオゾラ
皐月賞は、ある程度積極的な位置取りから上位に粘り込んだ好内容だったし、
溜め→切れという方向の脚の使い方も、この舞台(距離)に一応当て嵌っては
いそうで、好走する可能性はもちろんある。
ただしそれ以上の部分で、これ!と言った決め手を感じない馬なので、掲示板
以上のイメージはどうしても湧かない…。

☆ディープブリランテ
皐月賞は相当厳しい展開を積極策での3着なので、地力は当然高い。
ただし気性面でもそうだが、タイプ的に(溜めが効かないという訳ではないが)
どうしてもスピードに寄り過ぎの印象ではあるので、この舞台に替わってプラス
ということはさすがになさそう。
イメージ的にはマイルなど、やはり距離短縮で見たい感覚。

☆ヒストリカル
毎日杯では、見た目だけではなく、内容的にもしっかり強い競馬をしているし、
決め手という部分で、今回の展開には嵌る可能性も確かにありそう。
それでもタイプ的には、もう少し短い距離でスピードに引っ張られてこそ…の
印象は受けるし、そこそこ人気しているくらいなら、少し静観したい気持ち。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事