2012年5月6日日曜日

新潟大賞典展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.6-11.2-11.8-11.6-12.1-12.1-11.9-11.7-11.2-12.2
2010 12.3-10.9-11.3-11.3-12.4-12.4-12.1-12.3-11.0-11.7
2009 12.9-11.0-11.0-11.3-12.0-12.3-12.1-11.8-11.0-11.5
2008 12.6-11.4-11.5-12.3-12.9-12.9-12.0-11.1-10.7-11.1
2007 12.5-11.3-11.5-11.6-12.3-12.2-11.9-11.3-10.9-12.2
2006 12.9-11.3-11.9-11.5-12.5-12.3-11.7-11.6-11.2-12.2
2005 12.7-11.0-11.5-11.7-12.5-12.3-12.2-11.9-11.0-12.1
2004 12.8-11.5-12.0-12.0-12.6-12.8-12.3-11.6-10.6-12.3
2003 12.7-10.9-11.1-11.5-12.3-12.6-12.4-11.6-11.1-12.1
2002 12.3-11.2-11.7-12.1-12.3-12.3-11.9-11.4-10.9-12.7

過去10年の平均ラップタイム
12.63-11.17-11.53-11.69-12.39-12.42-12.05-11.63-10.96-12.01
1.58.48




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
一旦緩む展開で、その後直線に入ってからは相当な加速を示しつつ、ある程度
上がりの速くなる形。

この舞台なので、上がり勝負…という表現に間違いはないし、勝負所で置かれ
ないための切れと、長い直線を伸び切れる持続力は当然必要。
ただし道中の水準は意外と高くなっていて、33秒台とか、極端に速い上がりは
ほとんどない。

さらに最初の直線部分が長いこともあって、4F目までがなかなか緩まないため、
そこで引っ張られつつも勝負所まで余力を残すには、結局一定の持久力が問わ
れることになる。

脚質的には、積極策の馬だとバテるまではいかなくても決め手の部分で分が悪く
なる可能性があるので、基本的には中団以降でじっくり溜めるタイプを中心に
考えておきたい。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること
・一定の持久力が問われる


予想

◎メイショウカンパク
とにかく見ていて気持ちの良い決め手を発揮する馬で、終いを伸び切る…という
ことに関しては相当なものを持っている。
実際に福島記念@新潟でもしっかり浮上しているように、この舞台にはピッタリ
嵌るイメージだし、叩き3走目でそろそろ結果が伴ってきても良さそう。
この相手でもしっかり絞れていれば可能性は十分あるはず。

○トーセンラー
持久力&持続力に関してはしっかりと示している馬だし、脚の使い方的にも新潟
外回りは合っていそう。
決め手という部分に関しても、きさらぎ賞などでしっかりと速い上がりは使えて
いるので、とりあえずここでの浮上は確実に思える。
今回は単純に妙味を感じる相手を推した…というだけ。

▲ダノンバラード
元々持続力が売りの馬で、フラットな展開でこそ…というタイプの馬だったが、
持久力という部分に関しても日経新春杯でしっかりとした内容を残していて、
ここでは単純に地力上位とは言えそう。
(個人的にもそのタイミングでイメージを更新した)
当然今回しっかり引っ張られさえすれば浮上は見込めそうだが、あとは決め手
という部分でどこまで対応できるか…という問題。

注マッハヴェロシティ
昨年ここで2着して、その後が全く振るわず…という経緯だが、その時に示した
パフォーマンスはしっかりと内容が伴っていたし、今のタイミングで見返しても
十分上位の裏付けとして扱える。
状態はもちろん気になるところだが、ここへ来て再度54kgに戻ったし、可能性
としては浮上もあっていいはす。

△スマートギア
持ち味である道中~上がりの持続力(&決め手)を考えると、当然浮上はあって
良いという馬だが、前半からしっかり引っ張られる形で持久力が問われた場合、
直線で十分に主張できるかは微妙…。
その部分を完全に受け流して…とかをやるとさすがに届かないだろうし、今回は
あまり強くは推しづらい感覚。

☆マイネルスターリー
この舞台では持ち前の持久力を発揮してしっかり浮上はしてくる…という馬では
あるが、決め手の部分の問題で、全盛期でも結局長い直線を伸び切れずに掲示板
まで…という結果に終わっている。
そう考えると今回も、そこそこの着はあっても勝ち負け近く…は考えにくい。

☆ナリタクリスタル
単純に適性で考えれば、新潟記念を連覇している馬なのでこの舞台にはもちろん
合っている。
ただしその2戦ともに前半をゆったり入れてのもので、(前走の勝ちでますます
締めつけた方が良い…という状況の)アグネスワルツがいる今回に関しては、
その再現性は低いように感じる。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事