2012年5月13日日曜日

ヴィクトリアマイル展望 2012


予想
今回逃げそうなクィーンズバーンは前半飛ばすタイプではなく、むしろ前後半
イーブンor上がり勝負よりの展開を作るタイプ。
それに対して競り掛ける馬がいないとは限らないので、一応ハイペースで引っ
張られた場合の持久力は考慮しておきたいところだが、今回はしっかりとした
決め手を示している…ということも重視したいイメージ。

◎アパパネ
前哨戦でやる気がないのは最早折り込み済みだし、むしろ斤量を考えれば前走は
まずまずの内容…とも言えそう。
馬体的にも、マイル向きの弾力のありそうな筋肉は健在だし、総合力ということ
ならどう考えてもこの馬が1枚上。展開に左右されるイメージも全くない。

○フミノイマージン
前走はこの馬自身前半でそこまで引っ張られている訳ではないが、1400mの淀み
ない展開をしっかり浮上出来たことは大きな収穫。
元々ゆったり入って終いを伸び切る…というタイプが、ペース耐性という点でも
問題ないのであれば、一応距離延長のここは当然推したくなる。

▲マルセリーナ
マイルCSでは直線で進路確保に苦労しながらもしっかり浮上出来ているし、
その後の阪神Cも含めて、牡馬一線級相手でも全く崩れていない…というのは
ここでは大いに威張れる要素。
決め手という点では1、2位を争う存在ではないが、展開によらず、この相手に
全く浮上しない…と考えるには無理がある。

注ホエールキャプチャ
昨年は長距離色の強いエリザベス女王杯まで全く崩れず、持久力という部分でも
当然上位の扱いになるが、この馬自身、それ程伸びを感じない走法的には、本質
マイラーだと思える。
終いの部分を伸び切るイメージではないので、勝ち切るのはどうか…という気は
するが、桜花賞以来のマイルでパフォーマンス更新があってもよさそう。

△アスカトップレディ
京都金杯のハイペースでもしっかり浮上しているくらいだし、マイルであれば
しっかり切れを発揮できる…という点から、可能性としては十分ありそう。
この相手に大外枠からというは相当不利な状況ではあるが、少なくとも見せ場
くらいは作れてもいいとは思える。

△レディアルバローザ
昨年の相当締まった展開を粘り込んだ地力を考えれば、当然ここは有力な1頭
ということになるが、決め手という方向の展開になった場合の不安は少しある。
好位内から上手く立ち回り、早めに抜け出す…という完璧騎乗であれば可能性は
もちろんあるが、後続に飲み込まれる場面も、今回は想定する必要がありそう。

△アプリコットフィズ
昨年の同舞台・富士S&キャピタルSの内容なら、この相手でも十分威張れて
いいと思うが、G1ということを考えると、切れか地力か、どうしても何か1つ
足りない…と感じてしまう馬。
イメージ的には掲示板前後にいる風景が浮かぶ。

△オールザットジャズ
一応距離、展開によらずしっかり浮上出来ているという部分で、ここでも上位に
食い込んでくる可能性は確かにある。
それでも(馬体的にはそうでもないが)走法的にゆったり見えるタイプ的に、
あまり経験のないマイルのスピードで引っ張られてどうか…というのはあって、
それでいて2番人気というのであれば、ここは少し静観したい気持ちになる。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事