2012年9月23日日曜日

神戸新聞杯展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.9-11.9-12.4-12.9-13.4-13.7-12.9-12.7-11.9-11.2-10.6-11.8
2010 13.0-11.5-13.2-12.9-12.5-12.2-12.7-12.1-12.0-11.6-10.6-11.6
2009 12.6-10.8-12.1-12.5-12.3-12.2-12.7-12.4-12.1-11.3-11.5-11.7
2008 12.9-11.4-12.3-12.5-12.2-12.4-12.4-11.9-11.6-11.2-11.9-12.6
2007 12.5-10.8-12.2-11.7-11.6-12.5-12.8-12.8-12.4-11.4-11.4-12.6

過去5年の平均ラップタイム
12.78-11.28-12.44-12.50-12.40-12.60-12.70-12.38-12.00-11.34-11.20-12.06
2.25.68




傾向(過去記事の一部修正)
過去の平均ラップタイムを見てみると、前半はミドルペース~やや速いくらいの
流れで、道中は一旦落ち着く形になっているものの極端には緩まない展開、その
後は3~4角で徐々にペースアップしつつ、ラスト3Fで一気に加速する。

この距離なので、道中じっくり進める形からの上がり勝負…という雰囲気だが、
一線級が基本的にしっかり勝つレースだけあって、その水準自体は低くない。
つまりこの舞台で、勝負所までしっかり余力を残すためには、長い道中で如何に
無駄脚を使わないかが重要で、結果的に高い持久力が問われることになる。

また上がりの部分では、展開的にしっかりとした加速が入るので、そこで置かれ
ないための切れは当然必要で、さらにラスト3Fから全開…という形になっている
ために、そこから長い直線を最後まで伸び切れるかどうか…という点も、勝敗を
分ける要素にはなりそう。


好走する条件
・高い持久力が必要
・切れ&(トップスピードの)持続力があること


予想

◎ゴールドシップ
持久力&持続力が相当高く、"切れる"というタイプではないが、速い上がりへの
対応はしっかり示している。
今回はある程度引っ張りそうな馬もいるし、水準が上がって総合力勝負となれば
自然と勝ち負け…という雰囲気。普通に期待したい。

○マウントシャスタ
宝塚記念を好位から進めて最後まで良く粘った…という事実は当然威張っていい
だろうし、走法的にもスピードに偏った印象はないので、この距離でもそれほど
問題はなさそう。
当然人気しているが、浮上しないと考える方が難しい…。

▲ベールドインパクト
ダービーでは結果的には浮上し切れてはいないが、内容自体はまずまずのものを
示しているし、京都新聞杯でのパフォーマンスも含めて、一定の持久力は備えて
いると思える。
馬体的な印象ではマイルの方が強そうだが、ここでも実力で十分浮上しそう。

注メイショウカドマツ
馬体的に、何だか随分とステイヤー寄りに見えてきた今日この頃。
春は常に内容の伴った負け方をしていた訳だし、一定の地力は当然備えている。
ここ2年のようなスローになれば普通に切れ負けだろうが、持久力に不安のある
馬が自然と淘汰されるくらいの流れを自ら作り出せば、残る可能性は十分ある。

△エーシングングン
とにかくエンジンの掛かりが遅い…ということに尽きる馬で、その分、ラストは
常に伸び切っているので、単純に展開の助けがあるかどうか…という1点。
そう考えると今回は一応しっかり引っ張る馬がいて、長い道中で他の馬が落ちて
くるくらいの流れになれば、十分浮上もある…というイメージ。

△ユウキソルジャー
前走ではまずまずの水準の流れをキッチリ勝ち切って、一定の持久力は示した。
経歴では速い上がりも一応示しているし、中身が強化されたというのであれば、
ここでもある程度は残る可能性もあっていいはず。

☆ヒストリカル
ダービーの負けすぎは状態ということにしても、走法的にはこの距離がいいとは
思えないタイプで、ゆったりとした流れになれば可能性もあるが、人気している
ここでは、あまり強くは推しづらい…。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事