2012年9月1日土曜日

小倉2歳S展望 2012


過去のラップタイムは以下の通り。

2011 12.0-10.3-11.1-11.6-11.8-12.0 33.4-35.4
2010 11.8-10.4-10.9-11.6-11.9-12.1 33.1-35.6
2009 12.1-10.4-11.3-11.5-11.8-11.9 33.8-35.2
2008 11.9-10.2-11.1-11.9-11.6-12.4 33.2-35.9
2007 11.8-10.4-11.3-11.6-11.5-12.7 33.5-35.8
2006 11.5-10.1-10.9-11.4-11.6-12.9 32.5-35.9
2005 11.8-10.7-11.1-11.0-12.1-12.4 33.6-35.5
2004 11.9-10.5-11.0-11.2-11.7-11.9 33.4-34.8
2003 11.7-10.2-11.0-11.8-12.5-12.1 32.9-36.4
2002 11.9-10.4-11.0-11.6-12.1-12.8 33.3-36.5

過去10年の平均ラップタイム
11.84-10.36-11.07-11.52-11.86-12.32
1.08.97 33.27-35.70




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速く、2F目以降はほぼ一直線にラップが
落ちていく、完全な前傾レース。

このレースの特徴はとにかく前半の速さだと言えて、単純に平均タイムでは
古馬上級クラスと比べても遜色ないくらいのペースで流れていて、そうなれば
当然最後は持久力勝負という形になる。

脚質的には、厳しい流れでも、それ故に後続の脚も残らないという形で、結局は
好位の馬が押し切ることが多くなっていて、ある程度は前に行けるスピードも
重視しておきたいイメージ。


好走する条件
・先行力&持久力があること


予想

◎マイネヴァイザー
前走はなかなか速い流れを好位からしっかりと押し切った内容で、単純にここへ
つながりそうな競馬をしているし、ラスト1Fの強さも十分に感じられた。
新馬&未勝利のマイル2戦の比較から、元々純粋な持久力は備えていそうだし、
その手のタイプがスピードに対応できるのであれば、普通に強いのでは。

○エーシンセノーテ
前走・フェニックス賞のパフォーマンスはかなり高くて、単純に比較するならば
ナンバーワンの裏付けを持っている。
ただし逃げ切りは難しい舞台なので、今までのようにハナにこだわった場合に
押し切れるかどうかは微妙な印象…。

▲トルークマクト
前走は速い流れを演出しつつ最後まで良く粘った内容で、地力は十分示した形。
絶対的なスピードが更に速くなるこの舞台で、同じように逃げる格好で巻き返す
というのは難しいだろうが、前々走のように溜めを効かすことは出来るはずで、
前半を少し受け流すくらいの選択であれば可能性はあっていい。

注マイネルエテルネル
新馬戦は前半からまずまずのペースで飛ばしつつ、最後は余力を残した形で勝利
して、勝負所で少し楽をしたとは言え、更なる前進を予感させる内容だった。
もちろん裏付けで勝っている訳ではなく、結局は上積み次第になるが、勝ち切る
可能性もあっていいはず。

△ジェネクラージュ
前走はハイペースをしっかり浮上して差し切ったという内容で、形としては十分
ここへつながる可能性はあるはず。
単純に相手とのパフォーマンス比較でこの評価に止める…というだけ。

△クロフネサプライズ
前走はかなり速いペースを追い掛ける形からしっかりと押し切って、なかなかの
地力を示した格好。
強気に行き過ぎると難しいかも知れないが、粘り込む可能性はあっていいはず。





スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。