2013年8月18日日曜日

北九州記念展望 2013


過去のラップタイムは以下の通り。

2012 11.6-10.1-10.5-11.3-11.6-11.8 32.2-34.7
2011 11.8-10.0-10.6-11.1-11.4-12.3 32.4-34.8
2010 11.6-10.0-10.5-11.2-11.5-12.3 32.1-35.0
2009 11.8-10.3-10.6-11.3-11.4-12.1 32.7-34.8
2008 11.8-10.3-10.9-11.4-11.4-11.7 33.0-34.5
2007 11.5-10.0-10.6-11.4-11.6-12.6 32.1-35.6
2006 11.9-10.1-10.9-11.3-11.5-12.3 32.9-35.1

過去7年の平均ラップタイム
11.71-10.11-10.66-11.29-11.49-12.16
1.07.41 32.49-34.93




傾向(過去記事の一部修正)
過去のラップタイムを見てみると、前半が相当に速くなり、2F目以降はほとんど
一直線に減速していくような展開で、勝負所で少しだけ踏ん張りつつも、ラスト
1Fはかなり落ちる形。

ここの特徴はやはり前半の速さで、前後半の差が2秒を超えるような前傾の
展開が基本だと言えて、唯一の例外:2008年にしても、スリープレスナイトの
圧勝という内容だったので、実質的には例年に近い形と考えて良さそう。

したがってここでは、ハイペースをしっかり追走できて、終いの部分を粘れる
高い持久力を持っていることが必要で、脚質的にはどうしても差し馬が中心に
なってきそう。


好走する条件
・高い持久力があること


予想

◎スギノエンデバー
昨年勝ち切っているのだから、適性的には普通に嵌る訳だし、ほぼ確実に流れが
速くなるこの舞台では、単に差し損ねる…という事態にはならないはず。
(要するに今回は、地力&適性でしっかり上回れる馬がいるかどうかの問題)
今年は当然斤量が重くなるが、出走メンバーのデータを眺めて「これ!」という
馬が他に見つからない以上、素直にこの馬を選ぶ…というのが自然。

○マイネルエテルネル
前走は馬場など、少し特殊な状況に思えたので扱い方が難しいが、小倉2歳Sの
内容と、そこからの成長分を考慮すれば、ここに嵌る可能性は当然ありそう。
斤量面の有利さとかがないので、そこまで強気に推したい感覚にはならないが、
人気通りに勝ち切られても問題はない…という扱い方には一応しておきたい。

▲サドンストーム
地力は当然高く、しっかりと引っ張られてこそ…というタイプ的にも、ここには
普通に嵌って良さそう。
追走部分の不安に関しても、コース形状的に前半下るこの舞台では、多少は楽に
なるはずだし、とりあえず普通に浮上はしてきそう。

注ニンジャ
前走に関しては、前傾度の低いスピード持続勝負だったのでここにつながるかは
微妙だが、昨年の天草特別ではハイペース戦をしっかり浮上して勝ち切っている
訳だし、結局は適性面で向く…という扱いが出来そう。
当然斤量も軽いし、可能性としては一応あっていいはず。注目したい。

△バーバラ
これまで基本的に後傾の内容ばかり示してきた馬だが、前走ではハイペース戦を
しっかりと前傾の内容で押し切っていて、地力の面でも1つの裏付けを得た。
あとは今回、多少なりとも控える選択が出来るかどうか…だが、上手くいった
前走の直後の乗り替わりで、そこまで求められるかは微妙…。微妙。

△ザッハトルテ
スプリントのハイペースに対する裏付けは皆無に等しいが、引っ張られることで
負担の掛かる条件だけに、"地脚"という部分で、イメージ的には気になる存在。
前がしっかりと崩れる展開になれば、自然と浮上できるだけの力はありそう。
注目してみたい。

△ハノハノ
ハイペースを浮上する…という裏付けに関しては、船橋Sでしっかりと示して
いるし、一応この舞台には合っていそう。
それでもやはり脚質的な部分で、積極的に前を追い掛けた場合、ここでは厳しく
なる可能性がありそうで、結局強くは推しづらい…。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事