2013年8月24日土曜日

エルムS@函館展望 2013


傾向
問題は函館開催だが、とりあえずこのコースは、ある程度速い前半から、道中~
上がりでほぼ一定のラップを刻む…という展開になりやすい。
(ラストまでスピードが落ちない)

そうなれば当然、適性面ではスピードの持続力を備えていることが重要になり、
(フラットな展開への対応力)
溜めが必要なタイプはもちろん、粘り(だけ)が身上…というタイプには少し
注意しておきたいイメージ。


好走する条件
・スピード持続力(&一定の持久力)があること


予想

◎ブライトライン
前走は前半~道中でかなり脚を使う格好ながら上がりもしっかりまとめていて、
見た目だけでなく、内容的にもハイレベルな競馬だった。
適性面でも、元々芝中距離での持続力…というところからの馬なので、これだけ
ダートが走れるというのなら、本質的に合うこのコースでは信頼できる。
大人気でも素直に期待しておきたい。

○グランドシチー
細かい脚の使い方をして、スケール感の必要な舞台だとどうしても分が悪くなる
タイプで、直線の短い舞台の持続力勝負とか、スローからの決め手勝負でこそ。
その意味で、とりあえずこのコースは適性的に合っているし、嵌ればG1級にも
勝てるくらいの実力を備えている馬だけに、ここでは特に注目したい感覚。
評価としては2番手としたが、一応勝ち切る可能性まで考えたい。

▲ダノンゴールド
前走は締まった展開をしっかりと勝ち切っていて、内容的に十分評価できるし、
適性的にやや一本調子…という点もこのコースではむしろプラス。
当然ここでも好走が期待できそうだが、他の上位の馬に対して、何かしら抜けた
ものを示している…という訳ではないので、イメージとしては結局2、3番手。

注エーシンモアオバー
言うまでもなくこの舞台には合っている馬で、単純に状態次第。
さすがに以前程の走りは無理だとしても、今回上位評価した馬の中で、この馬の
全盛期の内容を確実に超えている…というのはブライトラインだけなので、展開
次第では2着くらいに粘り込む可能性は普通にあっていい。当然注目したい。

△フリートストリート
前走は一応フラットな展開で持続力を発揮した格好だが、前半をかなりゆったり
入った内容ではあるので、ここでメンバーが強力になって、より締まった展開に
なると、地力の面でどうか…という印象。
全体の中では普通に上位の実力ではあるが、上位の中ではやや静観したい扱い。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事