2013年8月4日日曜日

レパードS展望 2013


過去のラップタイムは以下の通り。

2012 12.6-10.9-12.1-13.2-12.6-12.6-13.0-12.1-12.7
2011 12.2-10.8-12.3-13.7-13.2-12.4-12.8-11.9-12.7
2010 12.4-10.8-12.2-12.8-12.3-12.8-13.2-12.4-12.9
2009 12.5-11.1-12.1-12.0-12.0-12.4-12.4-11.6-13.4

過去4年の平均ラップタイム
12.43-10.90-12.18-12.93-12.53-12.55-12.85-12.00-12.93
1.51.28




傾向(過去記事の一部修正)
過去のラップタイムを見て、とりあえず目立っているのが前半の速さで、そこで
確実に引っ張られることから、後半部分では高い持久力が問われることになる。

その後の道中の水準に関しては少しバラついているが、展開的に小回りでキツい
コーナーで減速→直線でしっかりと加速…という部分は共通していていて、当然
その部分で力強い脚を使えることが必要となる。

したがってここでは、まずは速いペースに引っ張られた経験というのが物を言う
はずで、そのレースでしっかり粘り通せたor浮上できた…という裏付けを取って
おきたいイメージ。


好走する条件
・高い持久力が必要
・一定の切れがあること


予想

◎インカンテーション
スタート直後に大きな不利を受けて、最後方から進める形になりながら、道中~
上がりでもの凄い持続力を発揮した前々走の内容と、締まった展開をしっかりと
攻めて直線も力強い脚を使って抜け出した前走の内容。
両者ともに、ここへ向けては十分なパフォーマンスを示している。
人気でも素直に期待したい気持ち。

○サトノプリンシパル
前走は、前半をまずまずのペースで進めつつ、しっかりと溜め→切れを発揮して
勝ち切っていて、厳しい競馬になったインカンテーションとの比較はともかく、
自身の内容的には十分ここにつながっても良さそう。
今回は地力の面で相手の方を上に取ったが、走るリズムとか、この舞台への適性
という部分ではこちらの方が合っている可能性はありそう。当然注目はしたい。

▲シグナルプロシード
青梅特別では(実質的に)昨年のホッコータルマエと同じくらいの切れを示して
いて、それと前走で示した地力と合わせて考えれば、ここでも当然有力な存在。
前走を見る限りは、勝負所での"脚"という部分で、インカンテーションとの差を
現状では感じてしまうのだが、他の馬に対しては十分威張れていいはず。
しっかりと注目しておきたい。

注モリトリュウコ
この馬は、500万条件をかなりじっくりと体験してきた訳だが、その中で、前半
厳しい展開での地力や、ゆったりとした流れでの切れなど、ここで必要なものを
一定のレベルでしっかりと示してきた格好。
持ち味を活かすため、ここではある程度積極的な競馬をして欲しいところだが、
もし本当にそうなれば、残る可能性は十分あっていいはず。

△ケイアイレオーネ
前走は道中で相当に脚を使う内容で浮上した訳だが、この馬はタイプ的にかなり
ゆったりとしていて、基本的にスピードに寄った展開は向かないイメージ。
さらに走法的な部分で、小回りのこの舞台では、ロスの大きい力の使い方になり
そうで、コーナーで捲くって、直線で脚が止まりそうな雰囲気がある。
実力的に一応このあたりの評価には止めたが、気持ち的には静観したい。

△アムールポエジー
ラストが止まり過ぎ感はあるが、ここまで前傾の内容で連勝して来ているのは、
この舞台に向けては一応プラスに捉えたい。
実際のところ、実力的にどこまで…という気持ちにはなるが、一応残る可能性は
考えておきたい。

△リキサンステルス
前半のスピード面では心配はあるが、前走では道中~上がりでなかなかの内容を
示しているし、一定の地力は備えている馬。
展開的にスタミナ色の強い方向に振れれば、浮上の可能性もあっていいはず。
一応は注目しておきたい。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事