2015年6月28日日曜日

宝塚記念展望 2015


予想
ペースが速くなりそうな気配が全くしないメンバー構成だが、それでも現状は
しっかりとしたパワー馬場。
地脚の強さ&底辺の高さという部分で、変な紛れは起きる気がしない。

◎ゴールドシップ
ここでは最早書くことがなくて困る…という存在。
負ける可能性が全くない訳はないが、結果に関わらず、ここで本命にしなければ
(個人的に)後悔することだけはハッキリしている。ただただ期待したい。

○ワンアンドオンリー
有馬記念は、勝負所で一気に加速する形の上がり勝負だったので、ジワジワと
ペースアップしたいこの馬には向かなかった。⇒度外視可能。
一方でジャパンCでは、結果自体は7着に終わっているものの、レースレベルが
特別に高く、自身の内容的にも道中~上がりで相当高いパフォーマンスを示して
いて、その1点だけで考えてもここでは普通に上位。
適性的にも、ダービー当日は深い芝で間違いなくパワー馬場だったし、菊花賞の
超高速馬場で崩れたことを合わせて考えれば、方向性としてはこの手の舞台に
嵌る可能性は十分にありそう。注目したい。

▲カレンミロティック
天皇賞は、内枠で恵まれた部分があるとしても、後半かなりの持続力が問われた
展開を、積極的に攻める内容で僅差の3着に粘り込んだ…という強い内容。
そのパフォーマンスを含め、これまでに示した裏付けを見れば、ここでも当然の
ように上位に扱える存在。
昨年ここでは2着して、海外G1も含めて1年以上掲示板を外しておらず、今回
メンバー的に(昨年のように)ペースが落ち着く可能性も十分にある。
その馬が8番人気…というのは違和感が半端ない。
香港で宝塚記念的なレースが行われたとしてもこんな人気にはならないのでは?

注ラキシス
大阪杯は、コーナーで斜めに力を使ったキズナに対して、この馬は直線に入って
から真っ直ぐに力を使った格好で、鞍上の好騎乗による部分も確実にあった。
それでも単純に、その時の道中~上がりで示したパフォーマンスは相当高くて、
ここでもやはり上位扱いにはなる。
馬体&走法面でも、パーツは長いものの速い回転ができる…というイメージで、
その点が道悪など力が必要な馬場に嵌る雰囲気。(ダノンバラードに近い)
したがって、抜けた2番人気程の信頼までは正直できないが、実力&適性的に
普通に好走はしてくるはず。

△ヌーヴォレコルト
ヴィクトリアマイルは、(自身のパフォーマンス的には)前半を少し受け流して
→道中である程度脚を使いつつ→上がりをしっかりまとめた格好、でも届かない
…という、如何にも中距離馬らしい負け方。とりあえず度外視。
それを除くと、前々走で中山記念を勝ち切った…というのはやはり光るし、馬場
適性という点でも、ここにつながりそうな雰囲気は十分ある。
ただしその時は中山記念としては少し落ち着いた流れだったので、単純に"格"の
部分で、古馬王道路線でどこまで出来るのかは未知数。微妙。

△デニムアンドルビー
昨年ここでは5着しているし、阪神大賞典でも高い持久力を発揮して好走して
いるように、実力では当然上位扱いでいいはず。
それでもこの馬の場合は、基本的にはやはり"切れ"方向のイメージにはなるし、
パワー&持続力という方向のこの舞台が本質的に合っている…ということには
ならないはず。
浮上はして来ても掲示板くらいまでが妥当な印象。

△トーホウジャッカル
馬体的にはそうでもないのだが、ゆったりとした走りをするタイプで、少しだけ
一本調子なイメージの馬。
その点、単純に"持続力"という括りで考えれば問題なさそうにも思えるのだが、
どちらかと言えば惰性を効かしたい方向なので、負荷が掛かる馬場で一完歩ずつ
しっかりと脚を使う…というここにピッタリ嵌る雰囲気ではない。
地力では当然上位だが、休み明け&適性的に強く推したい気持ちにはならない。

☆ラブリーデイ
今年だけで既に重賞を3勝して、力をつけているのは確かだと思うが、馬体的な
特徴からスピード馬場でこそ…というタイプなので、"宝塚記念"というレースに
嵌りそうなイメージが全くない。
力が必要な馬場だった(オルフェーヴルが圧勝した)有馬記念で、より積極的な
競馬をしたカレンミロティックから1秒以上負けた過去…などもあるし、ここは
少し違うのでは。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事