2015年6月13日土曜日

エプソムC展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.7-11.4-11.8-12.2-12.1-11.8-11.2-11.3-11.7
2013 12.7-10.8-11.6-11.8-12.0-12.1-12.0-11.2-11.5
2012 12.7-11.0-11.6-11.9-12.0-11.9-11.4-11.6-12.6
2011 12.6-11.1-11.7-12.2-12.0-12.4-11.6-11.4-12.3
2010 12.7-10.9-11.5-12.0-11.8-12.0-11.5-11.3-12.4
2009 12.6-10.8-11.4-11.9-12.2-11.9-11.3-11.2-12.2
2008 12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.7-11.1-11.6-12.6
2007 12.7-11.1-11.7-12.8-12.4-11.8-11.4-11.3-13.1
2006 12.6-11.1-11.4-11.8-12.5-12.7-12.0-11.9-13.2
2005 13.1-11.2-11.3-11.7-11.9-12.3-11.1-11.7-12.3

過去10年の平均ラップタイム
12.72-11.02-11.56-12.02-12.07-12.06-11.46-11.45-12.39
1.46.75




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れ、道中は
年によってバラついてはいるが、基本的には淀みのない展開になることが多く、
ラスト3Fで一気に加速して、終いだけ少し落ちる形。

このレースの特徴は、まずは前半(~道中)がある程度流れる…という部分で、
(勝ち負けを意識出来る範囲で追走した場合)レースを通して一定水準以上の
スピード領域に居続ける必要がある。

そして、その流れの中でも(このコースだけに)勝負所ではしっかり加速が入る
ため、適性的には切れと持続力をバランス良く備えていることが重要になる。

したがって、単純に上がりのみの馬はもちろん、シブとく粘り通すだけの馬では
ここでは足りなくて、その手のタイプは上手くいっても2、3着までという考え
方をしておきたい。(可能性があるのはおそらく後者だけだが…)


好走する条件
・切れ&持続力があること


予想

◎サトノアラジン
元々ゆったりしているタイプだが、その手の馬が前走の締まった展開をしっかり
浮上して→最後も楽に押し切ったことは大収穫で、これはもう単純にその地力の
高さを認めるべき。
「レースを通しての持続力」という観点から考えると、前半部分が微妙に思える
雰囲気もあるが、九州スポーツ杯で前半35秒台で入った経験もあるので、今回は
特に気にする必要はなさそう。素直に推したい。

○フルーキー
常に善戦しつつ常に何か足りない…というタイプではあるが、ここと同じように
締まった流れの中でしっかりと加速が入ったチャレンジCが実際最も重賞制覇に
近かった訳だし、ポジティブに言えば切れと持続力のバランスを備えている馬。
同じようなタイプで昨年ここを勝ち切ったディサイファと比べると、少しだけ
持続力の方に寄り過ぎな印象もあるが、勝ち負けの可能性は普通にあるはず。

▲ディサイファ
昨年はここを勝ち切っていて、極端な切れがある訳でも、最後をしっかりと伸び
切れる程の持続力がある訳でもなく、両者のバランスで勝負するタイプだけに、
やはり適性的にここには嵌る。
少し間隔が空いた状態は確かに気になるが、逆に言うと不安点はそれくらいしか
ないし、地力アップしている印象の現状、やはり上位には扱っておきたい存在。

注エイシンヒカリ
前走では、前半35.0秒で入って→道中11.9秒のラップを3つ並べつつ→上がりを
再度35.0秒でまとめる…という、武豊Jならではと言える美し過ぎる逃げ切り。
その時のパフォーマンスもしっかり高いものを示していて、当然ここでも有力。
ただ今回は、道中締めつけて良さが出るフェスティヴタローの存在があるため、
その影響で、仕掛ける直前で溜められないリスクがある。推し切れない。

△フェスティヴタロー
前走は、道中をしっかりと締めつけつつ、全体としてはイーブンに近い内容で
まとめた格好で、この馬の持ち味を活かした完璧なパフォーマンスだった。
その会心の競馬をしても差されたのは、最早相手を褒めるしかないが、その形で
上手くいった直後なので、さすがに昨年のような(意味不明な)控える選択には
ならないだろうし、ある程度粘り込む可能性は一応あってもいいはず。

△マイネルホウオウ
元々は当然上位の存在だし、前走は超スローな展開になって何もしていないが、
前々走のスピード持続力勝負では一応それなりの内容にはなっていて、適性的に
嵌りそうなここでは、可能性としてはやはり考えたい馬。
結局のところは状態次第としか言いようがないが、復帰後の3戦を見る限りは
ここで復調する姿を見せても良さそうに思える。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事