2017年4月23日日曜日

マイラーズC展望(ラップ傾向&予想)2017



過去のラップタイム


2016 12.3-10.7-11.1-12.1-11.7-11.7-11.3-11.7
2015 12.3-11.0-12.0-12.4-11.7-11.1-10.8-11.3
2014 12.5-11.0-11.4-11.7-11.2-11.4-10.9-11.3
2013 12.3-10.8-11.0-11.7-11.5-12.1-11.5-11.7
2012 12.1-10.8-11.4-11.9-11.3-11.2-11.8-12.7

過去5年の平均ラップタイム
12.30-10.86-11.38-11.96-11.48-11.50-11.26-11.74
1.32.48




ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

京都に舞台を移してから5回の開催で、今のところはまだラップのバラつきが
かなり大きくなっているのだが、一応平均を取れば、前半がある程度速くて、
尚且つ仕掛けが早い、このコースらしい形に収束していっている印象。

したがって、コースの特徴から、あまり溜めが入りづらい展開から→持続力が
問われる形…という想定で、その流れの中から(速い馬場で実質的にそれほど
負荷が掛からないことから)ある程度末を伸ばせるタイプを中心に考えたい。


好走の条件
・スピード持続力(&決め手)があること



予想

上記のように、レースの傾向自体はある程度フラットな展開に近づいて行く
…という方向でいいと思うが、今年はさすがにペースが落ち着きそう。
もちろん東京新聞杯ほどにはならないだろうから、一応は一定以上の水準で
進めつつ→しっかりとした決め手を発揮出来るタイプを中心に考えたい。

◎エアスピネル
上がり32.3秒の脚を使いながら負けた前走は、とりあえず度外視でいいはず。
元々高い持続力と決め手を示している馬なので、展開に依らず崩れることは
考えづらいし、今回も勝ち切れない事態になることは十分あり得るものの、
軸としては普通に信頼できる。
人気でも下げるような要素は特にないし、ここは素直に推しておきたい。

○ブラックスピネル
前走で示した決め手と、前々走で示した持続力の合わせ技で、とりあえずは
展開がどちらに転んでも一定の信頼は置ける。
今回逃げるかどうかは分からないが、さすがにこの条件で控える選択はしない
だろうし、いいポジションさえ確保すれば、そう簡単に止まるとは思えない。
勝ち切れるかどうかはともかく、普通に好走に期待したい。

▲イスラボニータ
地力は当然上位の存在で、完全な上がり勝負になった一昨年のマイルCSでも
3着しているように、決め手に寄った場合も問題はない。
唯一、32秒台で走った経験が1度もないという部分は気にはなるが、極端に
締まった昨年のマイルCSもこなした今ならば、(絶対的な)スピードの中で
削られる…ということもないはず。

注サンライズメジャー
基本的にマイルでは、最後までなかなか脚が続かないタイプだが、スロー想定
ということであれば話は別。
実際に一昨年はここで2着していて、その時のような展開になる可能性がある
中で、今回は最内枠確保。ある程度積極的な競馬であれば残れても良さそう。

△フィエロ
地力勝負の方が基本はいいが、一昨年のマイルCS&マイラーズCの上がり
勝負にもしっかりと対応はしていて、とりあえず展開の部分では問題ない。
あとは、ある程度積極的な位置取りから、内枠を活かすような競馬であれば
…だが、有力馬の中では少し後ろになりそうな点で、勝ち負けは微妙かも…。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事