2017年8月16日水曜日

エルムS回顧(ラップ分析)2017



レース総括
■(絶対的に速い)スピードレース、最後は少し落ちる展開
■一定の持久力&持続力が問われた


エルムS結果


ロンドンタウン1.40.9 35.6 04-04-03-03
テイエムジンソク1.41.0 36.0 02-02-02-02
ドリームキラリ1.41.0 36.0 01-01-01-01
コスモカナディアン1.41.4 35.9 06-06-06-05
ショウナンアポロン1.41.5 35.1 14-14-14-09

天候:曇 ダート:重
上り4F:47.5 3F:35.9
6.8-10.6-11.8-12.3-11.9-11.6-11.7-11.8-12.4




レースラップ分析


ラップタイムを見ると、前半は馬場を考えてもまずまずのペースで入り、一旦
コーナーで落ち着きつつも、道中も平均水準か(もしかしたら)それ以上。
後半の仕掛けも速く、上がりは右肩下がりの形。

とにかく今回の場合、"スピード"という一言に尽きるのだが、馬場差を考慮
してみても水準自体も低くないので、やはり一定の持久力&持続力が問われた
イメージになる。

脚質的には、この条件なので当然前。枠も最内4頭のかなり偏った決着。
絶対的に速いスピードの中で、コーナーで外を回せば(特に押し上げようと
すれば)、尋常ではない負荷が掛かり→結果的に好位インが残る…という
典型的なパターンだった。

この先に向けては、上位の地力はある程度信頼しつつ、やはり外を回す形で
負けた馬の巻き返し…という部分にしっかり注目しておきたい。


各馬について


出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ロンドンタウン
好位インでじっくりと進め、直線は最後惰性を効かしての差し切り。
枠や位置取りもそうだが、大回りコースで、最後右肩下がり…という展開が、
適性的にはまった印象が強い。
どちらかと言えば短い距離を多く使ってきた馬だが、このイメージからすると
むしろ距離延長の方が良さそう。(平安Sは厳し過ぎた展開なので度外視)
この先は、シリウスSや地方巡業あたりに活躍の場があるのかも。

テイエムジンソク
逃げ馬に少し並び掛ける格好で、終始1~2頭分空けた競馬。
単純に距離ロス分の負け…という印象。
2コーナー前後で内に入れる選択肢もあったが、圧倒的な人気を背負っていた
訳なので、そこは仕方ないのかも。
この条件では(少し懸念のある)上がりの部分の問題が解決したとはさすがに
言えないが、上位の中では厳しい立場ではあったので、やはり地力はしっかり
認めておきたいところ。当然この先の期待も大きい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事