2008年4月19日土曜日

皐月賞展望 2008


・皐月賞を勝つための条件
・皐月賞出走メンバーのラップタイム

この2つを考慮した上で、
出走メンバー1頭ずづ見てみる。

1番タケミカヅチ
勝負どころでの切れはかなりあるが、持久力が足りないかもしれない。
弥生賞はスローに流れたのである程度スタミナが残っていたが、
距離的にはギリギリな気がする。
G1の流れで余力を残して道中を追走できるかは疑問。


2番スマイルジャック
持久力は相当あって、なかなか止まることはない。
問題は切れがあまり無いところで、
3コーナーで一気に加速する展開となると少し不利。
荒れ馬場になることは相当歓迎のはず。


3番フサイチアソート
切れるタイプなだけに、早めに動いたら脚がもたなくなる。
基本的にはこのコースは合っていない。
ただ鞍上が横山典なだけに一発を狙ってくるかもしれない。
そうなるとやる事は一つ。
内々で死んだふりをして脚をためて直線勝負しかない。
それでも複勝圏内が精一杯の気がするが…。


4番スズジュピター
適正的にはある程度の切れと持久力を持ち合わせていて合う。
しかし弥生賞の上位数頭には地力で劣る。


5番レインボーペガサス
持久力で前を交わしていく差し馬。
3コーナーからの加速について行くのが厳しそう。
ただダートの適正も高く、重などの荒れ馬場になった場合だけ注意。


6番キャプテントゥーレ
切れはあるが、持久力が足りない。
スローに流れないとキツイだろう。
特に荒れ馬場での持久戦は向かない。


7番オリエンタルロック
札幌2歳王者らしく、重い馬場でしか走りそうに無いスタミナ自慢。
とにかくスピード負けしそう。
せめてラジオNIKKEI杯2歳Sで好走していれば可能性があったが…。
北海道で夏を待った方がいい。


8番ダンツウィニング
この馬が来るとしたらスタミナ比べの完全な持久力戦になる場合。
来るならば、レインボーペガサスとノットアローンを連れて来そう。


9番マイネルチャールズ
中山2000mの適正が相当あることは間違いない。
スローからの加速に即座に対応する柔軟性もある。
問題は速いペースで流れたときの持久力がどれだけあるかということ。
馬場の悪化は良いとは言えない。


10番ブラックシェル
とにかくアクセルを踏んでからの加速が遅い。
その代わりにスピードに乗ったらなかなか脚が止まらない。
本来は淀みない流れを先行して粘り切るのが1番だとは思うが、
スタートの加速が遅いのでG1の流れで先行できるとも思えず、
やはり今回も差しの位置からになってしまうだろう。
しかし馬場の悪化はおそらく好材料。
周りがバテていく中で一頭だけスピードが違う走りを見せる可能性はある。


11番スマートファルコン
持久力はありそうだが、切れが少し物足りない。
G1のスピードではキツいと思う。


12番ベンチャーナイン
スローペースからのヨーイドンの競馬になれば
それなりに力を発揮するとは思う。
残念ながら皐月賞がそうなるとは思えない。
全く伸びないか、時既に遅しが濃厚。


13番ドリームシグナル
京都マイルで走っていれば良し。
基本的に切れが無く、3コーナーで置いていかれる馬の筆頭株。


14番ノットアローン
ミドルペースで緩急のなく流れるレースへの適正がある。
G1でそのような流れにはまずならないので厳しい。
ただ馬場の悪化は好材料で、その流れになる可能性もなくはない。
仲が良さそうなのは、ダンツウィニングとレインボーペガサス。


15番サブジェクト
好走しているのが札幌や重でのレース。
馬場が荒れたことで少しはマシかとおもうが、
基本的にG1の流れではきつい。


16番レッツゴーキリシマ
能力は高いとは思うが、やはり距離が長そう。
2000mはキツいと思う。


17番フローテーション
馬体的には1、2番手を争うくらいのいい馬体をしている。
距離的にもおそらく問題は無さそう。
ただ前走ほどうまい具合にレースを運べるかは疑問。
前走は1コーナーまでに内へ入れて、
コースロス無く4コーナーを迎えることができた。
それ故にある程度の脚をためることができ、直線伸び切ることができた。
しかし前走を見る限り勝ち馬に並ぶところまでが一杯のように感じる。
勝ちきるイメージはない。


18番ショウナンアルバ
切れもあるし、持久力もまずまずある。
問題は落ち着いて先行できるかどうか。
大外枠を引いたことで条件は厳しくなった。
最後の直線まで余力を残せる気がしない。


現段階での予想
1番の問題は馬場状態でぐちゃぐちゃな状態で行われた場合、
適正的にはレインボーペガサスあたりに向いてくる。
そうなるともうどの馬が来てもおかしくなくなってしまい、
馬券的にも荒れに荒れるだろうが、
パンパンとはいかないまでもある程度の状態を保っていたら、
言われているほどには荒れないかもしれない。

◎ブラックシェル
○マイネルチャールズ
▲スマイルジャック

1番安定感の無さそうだったブラックシェルが、
今の段階では信用できそうに思えてきた。
どちらにしても馬場状態の確認が必須で、
場合によっては上位人気馬を捨てて、
レインボーペガサス、ダンツウィニング、ノットアローン
あたりを狙うのもありかと思う。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事