2012年2月26日日曜日

中山記念展望 2012


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.8-11.5-12.0-12.2-11.6-11.4-11.7-11.1-11.7
2010 12.6-11.7-12.3-12.2-12.1-12.6-12.6-12.8-12.8
2009 13.1-12.1-12.5-12.1-12.1-12.2-12.0-11.3-11.8
2008 12.6-11.5-12.0-11.8-11.8-12.3-12.2-11.5-11.6
2007 12.9-11.7-12.0-11.6-11.3-11.7-11.7-11.4-12.9
2006 13.3-11.8-12.0-12.0-11.8-12.4-12.0-11.6-12.0
2005 12.6-12.2-11.9-11.3-11.2-11.8-11.9-11.7-11.9
2004 12.4-11.5-11.4-11.2-11.1-12.0-11.9-11.5-11.9
2003 12.8-11.7-11.9-11.6-11.5-11.8-11.8-11.9-12.6
2002 12.7-11.6-11.4-11.3-11.3-12.1-11.7-11.4-11.9

過去10年の平均ラップタイム
12.78-11.73-11.94-11.73-11.58-12.03-11.95-11.62-12.11
1.47.47




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、スタート直後はゆったりと流れるものの、その分道中
(向こう正面)が相当に締まった展開になり、そのままラストまで一定に近い
スピードを維持する形。

とにかくここの特徴は、緩い前半を受けての騎手心理&向正面の下り坂という
コース形状によって、道中がかなり速くなることで、実質相当なロングスパート
から、かなりの持続力が必要になる。
(さらにペースが上がりラストが落ちる形になれば、最後は持久力が問われる)

以前と比べると、近年は道中の水準が少し落ちてきている傾向もあるので、切れ
タイプの台頭も考えられそうだが、(流れが落ち着いた場合でも)結果を見れば
持続タイプが結局強く、狙いとしては変化をつける必要はなさそう。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎トゥザグローリー
もう少し長い距離での活躍が目立つ馬だが、マイルCSで(結果はともかく)
なかなかの内容を示していたり、休み明け超ハイペースの天皇賞でも好走して
いるように、スピード耐性や持続力などのマイラー的な資質も併せ持っている。
正直敢えて疑って掛かる気もしない。

○フェデラリスト
格的な部分での裏付けにはあと1つ…という印象だが、前走でも相当な持続力を
発揮しているし、ここの展開にも嵌る可能性は十分ありそう。
個人的にも(出世遅すぎだが)POG指名馬だったこともあるので、改めての
応援はしておきたい。

▲レッドデイヴィス
道中からしっかり蹴って走るというタイプなので、とりあえず距離短縮するのは
プラスの方向に働くはず。
展開的にはもう少しメリハリがあった方が良いだろうが、この馬の場合は単純に
実力で何とかなりそうな雰囲気。

注リアルインパクト
締まった展開とかは問題ないだろうが、タイプ的に良い脚を長くというよりも、
もう少しだけ切れの方に寄っているイメージではある。
実力的に好走はもちろんあると思うが、向こう正面からジワジワと脚を使って、
直線でもしっかり伸び切れるかは微妙…な印象。

△ダイワファルコン
持続力に関してはなかなかのものを示している馬で、適性的にここでもある程度
浮上してくる可能性はありそう。
ただしこのメンバーに入ると、持続力にしても、それだけで抜け出せる程…では
ないため、単純にここは格の問題が大きいのかも知れない。

☆シルポート
展開的には最も力を発揮できそうな形ではあるが、この馬の場合、広いコースで
道中マイ(ハイ)ペースという条件も必要で、要所要所でブレーキの掛かる中山
というのがどうか…といったところ。

☆フィフスペトル
持続力という点では高いものを示している馬だが、1800mでそれを発揮するには
(走法的にも)もう少しだけゆったりした部分が欲しい印象。
少し静観したい気持ち。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事