2012年10月19日金曜日

菊花賞の傾向 2012


菊花賞過去10年のラップタイム
過去のラップタイムから傾向を探ってみる。

2011(オルフェーヴル:3.02.8)
12.7-12.2-12.0-12.0-11.7-12.3-12.7-12.6-12.4-12.1-12.9-12.1-11.5-11.6-12.0

天候:曇 芝:良
上り4F:47.2 3F:35.1
3F毎ラップ:36.9-36.0-37.7-37.1-35.1
勝ち馬コーナー通過:10-10-06-03
勝ち馬上り3F:34.6


2010(ビッグウィーク:3.06.1)
13.2-11.5-11.8-12.5-12.0-12.5-13.2-13.0-13.1-12.7-13.0-12.0-11.8-11.9-11.9

天候:小雨 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.6
3F毎ラップ:36.5-37.0-39.3-37.7-35.6
勝ち馬コーナー通過:03-03-02-02
勝ち馬上り3F:34.4


2009(スリーロールス:3.03.5)
12.9-11.5-11.7-11.9-11.9-12.1-12.6-12.6-12.5-13.4-12.9-11.7-11.4-12.2-12.2

天候:晴 芝:良
上り4F:47.5 3F:35.8
3F毎ラップ:36.1-35.9-37.7-38.0-35.8
勝ち馬コーナー通過:03-03-05-04
勝ち馬上り3F:35.2


2008(オウケンブルースリ:3.05.7)
12.9-12.2-11.0-11.7-11.0-12.2-13.9-13.8-13.5-13.3-12.9-12.0-11.5-12.1-11.7

天候:曇 芝:良
上り4F:47.3 3F:35.3
3F毎ラップ:36.1-34.9-41.2-38.2-35.3
勝ち馬コーナー通過:12-12-10-02
勝ち馬上り3F:34.8


2007(アサクサキングス:3.05.1)
12.9-11.7-11.7-12.8-11.6-11.9-13.4-12.6-12.9-12.8-12.6-12.0-11.6-11.9-12.7

天候:晴 芝:良
上り4F:48.2 3F:36.2
3F毎ラップ:36.3-36.3-38.9-37.4-36.2
勝ち馬コーナー通過:05-05-05-02
勝ち馬上り3F:35.8


2006(ソングオブウインド:3.02.7)
12.8-11.5-11.1-11.6-11.7-11.7-12.9-12.8-12.9-13.2-13.0-11.9-11.2-12.5-11.9

天候:晴 芝:良
上り4F:47.5 3F:35.6
3F毎ラップ:35.4-35.0-38.6-38.1-35.6
勝ち馬コーナー通過:16-16-16-08
勝ち馬上り3F:33.5


2005(ディープインパクト:3.04.6)
13.0-11.6-11.7-12.2-12.7-13.0-13.5-12.6-12.0-12.3-12.2-12.1-12.0-12.1-11.6

天候:晴 芝:良
上り4F:47.8 3F:35.7
3F毎ラップ:36.3-37.9-38.1-36.6-35.7
勝ち馬コーナー通過:07-07-07-07
勝ち馬上り3F:33.3


2004(デルタブルース:3.05.7)
12.8-11.9-11.3-12.4-12.0-11.9-13.3-12.8-12.8-12.9-13.5-12.3-11.8-11.7-12.3

天候:晴 芝:良
上り4F:48.1 3F:35.8
3F毎ラップ:36.0-36.3-38.9-38.7-35.8
勝ち馬コーナー通過:05-05-04-02
勝ち馬上り3F:35.7


2003(ザッツザプレンティ:3.04.8)
13.0-11.1-11.7-12.7-12.1-12.2-13.0-13.0-12.7-12.8-12.9-11.8-11.5-12.0-12.3

天候:晴 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.8
3F毎ラップ:35.8-37.0-38.7-37.5-35.8
勝ち馬コーナー通過:08-09-03-01
勝ち馬上り3F:35.8


2002(ヒシミラクル:3.05.9)
12.9-10.7-11.0-11.7-12.0-12.4-13.6-13.7-13.5-13.2-13.2-12.6-11.6-11.7-12.1

天候:雨 芝:良
上り4F:48.0 3F:35.4
3F毎ラップ:34.6-36.1-40.8-39.0-35.4
勝ち馬コーナー通過:14-13-07-02
勝ち馬上り3F:35.2


過去10年の平均ラップタイム
12.91-11.59-11.50-12.15-11.87-12.22-13.21-12.95-12.83-12.87-12.91-12.05-11.59-11.97-12.07
(36.00-36.24-38.99-37.83-35.63)
3.04.69




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペースくらいの流れだが1周目のスタンド
前まではある程度のスピードを保ったまま進んで、その分1コーナー~向正面は
ほぼ確実に緩む展開、レースはその後3コーナーあたりから徐々に動き出して、
上がりはこのコースだけに4Fの戦いになる。

レース全体の形からは一応上がり勝負になっているが、この舞台では基本的には
極端に速い脚は必要なくて、それよりもとにかく、(この距離を考えれば)ある
程度速い前半&長い道中を耐える(追走で脚を使わない)ための高い持久力と、
上がりの部分で"最後まで止まらない"という持続力が重要になる。

特に前者の持久力に関してはこの距離だけに大前提になるので、その点をクリア
出来て初めて(好走のための)土俵に上がることが可能になり、そこから後者の
持続力によって、最後まで伸び切った馬が勝つ…というように2つのステップを
踏むことで勝敗が決する、やはり格が問われる厳しいレースになっている。


ただし一つ注意しておきたいのが、同じ3000m級のレースでも天皇賞とは違って
ここでは(どの馬も距離的に未知数な状態で走るため)道中が極端に緩む展開も
あり得て、持久力の足りない馬が、道中死んだ振りから末の持続力だけで上位に
食い込む(≒性能の高さで距離の壁を越える)可能性はある…ということ。

そのようなタイプは当然のように軸にはすべきではないが、道中の展開が最も
読みづらいタイプのレースなだけに、3着まで考えれば、どうしても抑えておく
必要はあるのかも知れない…。


好走の条件
・持久力(心肺機能)が高いこと
・末脚の持続力があること








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事