2012年10月14日日曜日

秋華賞展望 2012


予想
今回は明確な逃げ馬は存在しないが、確実に好位を取りに行く有力馬はいるし、
緩む展開というのはやはり想像しづらい。
当然予想に関しても、レース(コース)の特徴通りに、フラットなラップを刻む
という想定をして、とにかくスピード持続力を重視しておきたい。

◎ジェンティルドンナ
スピード持続力の裏付けならば、(もちろんシンザン記念などもあるが)単純に
超高速馬場のオークスで外を回して突き抜けた…というだけでも十分。
直接的にここへつながる訳ではないが、前走で決め手という部分も発揮したし、
とりあえずは馬場悪化くらいしか穴はない。
枠的に少し外目に入った…という気はするが、それだけでは最早下げる理由には
ならないレベルだろうし、ここは素直に3冠を期待したい感覚。

○ハワイアンウインド
前走は、直線で何回か狭い場面がありつつも、最後まで伸び切って、大勢決した
…くらいの状況を覆したし、2走前は、完全にフラットな展開をしっかりと抜け
出して完勝しているように、相当なスピード持続力の持ち主だと言えそう。
特に後者の展開はこの舞台へ十分つながりそうで、その時のイメージのまま最内
追走という形を取れば、ここでも浮上の可能性は高いはず。注目したい。

▲アイムユアーズ
前走はそこまで速いペースではなかったが、持続型の展開で、ほとんど貫禄勝ち
くらいの内容だったし、そもそも短距離のハイラップに耐えられるような馬が、
オークスの距離でも崩れないのだから、地力の点で評価しない訳にはいかない。
今回はオークスと比べれば当然条件は好転しているし、枠の問題はあるが、その
程度で苦しくなるような馬ならば、これまでのどこかで既に崩れていたはず。

注ヴィルシーナ
黄菊賞で加速に苦労して最後浮上してきたのを見てから、この馬は(個人的に)
持続型とばかり思い込んできたのだが、その後そのような姿が見られたのは結局
持続型の展開だけで、むしろ切れが問われる展開では普通に加速できている…。
そうなると、ここへの適性は何だか怪しい雰囲気になって、地力上位が確実で、
絶好の枠も引いたが、もう1頭の軸…みたいな扱いには正直しづらくなった。

△ダイワズーム
オークスでは直線で進路確保にかなり苦労したが、それでも最後まで伸び切って
ハナズゴールあたりまで差し返したし、元々加速には少し苦労するタイプだが、
逆にそれがここの適性に嵌る…という可能性はありそう。
枠的にはギリギリくらいのところに入ったが、大外という訳でもないし、中団で
じっくりと溜める形ならば、最後ある程度浮上出来てもいいはず。

△アイスフォーリス
前走は、開幕馬場を終始外々を回す格好で、勝負所も積極的に攻めた内容だった
ため、最後伸び切れなかったのも仕方ないと思えるし、(道中で内を追走出来た
というのはあるが)極端にスピードに寄った展開のオークスで好走した事実は、
やはり大きく捉えておきたいところ。
前走のような後方からでは厳しいが、好位からじっくり…という形であれば。

△ハナズゴール
前走は、周りと比べれば道中~勝負所で溜めた格好だったが、それでも直線では
最後までしっかりと伸び切っていて、一定の地力は示したと言えそう。
適性的には、さすがにここがベストとは思えないが、中途半端に追い掛けないで
直線に賭けるという競馬ならば、浮上の可能性も十分あっていいはず。

☆アロマティコ
前半からしっかり引っ張られた場合の裏付け…というのが明らかに足りないが、
道中~上がりの持続力はしっかりと示していて、可能性としては一応考えたい。
今までのように大外を回したらここでは無理なので、最内の後方からロスのない
競馬をして、最後の最後に浮上…というイメージならば何とか描けそう。

☆ブリッジクライム
一定の地力は示しているが、(どちらかと言うと)タイプ的に溜め→切れという
方向の馬に思えて、ここの締まった展開がピッタリという訳ではなさそう。
したがって今回は、単純に"内枠"という部分で、相対的に溜められた場合に浮上
する可能性…までに止めたい。





スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。