2012年10月28日日曜日

天皇賞(秋)展望 2012


予想
今回は天覧競馬ということで、当然1つ格が上がるとともに、いつもとは確実に
関係者の空気感が異なってくるはず。
そして特別なレース⇒スローというのは1つの定番ではある。

また逃げるシルポートに関しても、昨年は毎日王冠で溜め殺し→天皇賞で大暴走
という形だったが、今年は毎日王冠で飛ばして負けた後だけにペースを落ち着か
せる方向に傾く可能性が十分にある。

もちろんこの舞台で、速い馬がいるのだから、普通に流れる可能性もある訳で、
"レースを通しての持続力"という部分はベースには置いておきたいところだが、
感覚的に今年の場合は、緩んだ展開に対応できる"先行力"or"究極的な決め手"
という部分をやはり加味しておきたい。

あとは午後からの雨の影響がどのくらい大きくなるか…という問題だが、そこは
直前の降り方、直前のレースを見つつ、不良とかまであるのであれば、その方面
大得意な馬を引き上げる…くらいの感覚にしておきたい。


◎ダークシャドウ
持続力という方向では、昨年の天皇賞や大阪杯でしっかりと示している訳だし、
上がり勝負の方向でも、昨年の毎日王冠で究極的な決め手を発揮して勝ち切って
いるので、どちらに転んでも信頼度の高い存在…と言えそう。
ぶっつけで来る馬が多い古馬の強いところに対しても、状態面では優位に立てる
だろうし、そろそろ1つG1を勝ち切っていい頃合。期待したい。

○カレンブラックヒル
毎日王冠は道中こそ少し溜めた格好だが、前半の速いペースに引っ張られつつも
上がりはしっかりした脚を使って押し切っていて、地力とスピード性能の高さを
十分に示した内容だった。
溜めが効くタイプ的にも、距離延長もおそらく問題ないだろうし、好位から粘り
込む可能性はやはり高そうなイメージ。

▲ルーラーシップ
タイプ的に決め手よりもしっかり持久力で勝負したい馬だが、陣営にしてみれば
(オルフェーヴル不在ならば)実力ナンバーワンという感覚で臨むだろうから、
勝ちに行くポジションから速い上がりに対応してくる可能性はありそう。
休み明けではあるが、馬体を見れば今までにないくらいに締まっている印象で、
ここでもう一皮向けたパフォーマンスを示しそうな雰囲気がある。

注エイシンフラッシュ
細かい脚の使い方をするタイプで、基本的に直線の短いコースの方が結果を出し
やすい馬ではあるが、しっかり溜められる展開であれば回転の速さで"先の先"を
取れる可能性もなくはない。
「特別なレースでの実績」というのはもちろんある訳だし、上手くポジションを
確保できれば好走出来てもいいはず。

△トーセンジョーダン
持久力&持続力という点では今更何も言うことはないし、当然1つの格は備えた
馬なので、休み明けでもやはり注目はしておきたい存在。
ただ一応上がり勝負になる可能性を考えているので、昨年のようなポジションに
なった時に"切れ負け"する不安は少しあって、今回は感覚的に勝ち負けではなく
上位候補の1頭という扱いにしておきたい。

△フェノーメノ
極端な決め手とか、スピードという方向性の馬ではないので、イメージとしては
もう少しゆったり走れるJCの方が合いそうだし、実力は認めつつもこの舞台で
どうか…という感覚はある。
それでも馬場悪化の可能性…というのは1つの光明で、それ程ペースが速くなく
ても体力が問われる性質のレースになれば、好走の可能性もあっていい。

△トランスワープ
前走は、スローからの速い上がり勝負を、最後までしっかり伸び切って勝利して
いて、地脚の強さは相当なもの…という印象を受けた。
道中などの地力の部分で、このメンバーに入るとあと少し裏付けが足りない扱い
になるが、ペースが落ち着く可能性とか、(血統にリアルシャダイの名前がある
馬なので)馬場悪化の可能性とか、流れが向いていそうな雰囲気はある。

△ナカヤマナイト
基本的には決め手という方向の馬ではないが、スローに流れた場合、最内をロス
なく回るというのは1つの大きなポイントになるので、枠だけでも一応選べる。
また今回の馬体を見ると、かなりの充実振りが窺えるし、何よりも馬場悪化での
大前進…という目がある馬なので、直前の状況次第では強く押し上げる選択肢も
考慮しておく必要がありそう。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事