2012年12月8日土曜日

朝日CC展望 2012


ここから何にチャレンジするのか分からないが…開催時期が変更となり、それに
伴って1800mという条件になったので、とりあえずは同じ時期&同じ条件で開催
されていた鳴尾記念を参考としたい。
過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.6-11.1-11.4-12.1-12.0-11.7-11.5-11.0-12.2
2010 12.5-11.0-11.6-11.7-11.7-11.6-11.4-11.3-12.1
2009 12.8-11.5-12.3-12.4-12.2-11.7-11.1-11.0-11.5
2008 12.5-10.4-11.3-11.9-12.0-11.9-12.2-11.3-12.5
2007 12.9-11.6-11.4-12.6-12.5-12.3-11.4-11.1-11.7
2006 12.5-11.5-11.9-12.8-12.5-12.1-11.3-10.7-11.6

(鳴尾記念)過去6年の平均ラップタイム
12.63-11.18-11.65-12.25-12.15-11.88-11.48-11.07-11.93
1.46.23




傾向(過去記事の一部修正)
過去のラップタイムを見てみると、前半ミドルペースから、道中が一旦しっかり
緩む展開で、勝負所のラスト4F~2Fあたりでかなり加速しつつ、上がりが相当に
速い形になっている。

前半~道中が厳しくなり上がりの掛かる持久力&持続力勝負や、レースを通して
フラットな展開のスピード持続力勝負、ゆったりした流れからの決め手勝負など、
展開としてはもう何でもあり…というイメージのレース。

それでも傾向としては、一応は3番目の上がり勝負の割合が多く、上記した平均
ラップもそれに近い形になっているし、この舞台自体の特徴からも、適性的には
勝負所での切れと末脚の持続力が物を言う…と考えておきたい。

もちろん展開に関しては、出走メンバー次第ということになるが、このコースは
道中の変動よりも前半&上がりの変動の方が大きくなり、どちらに転ぶにしても
ある程度極端な形が想定できるので、展開的な目処は立ちやすいはず。


好走の条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること


予想

◎ヒストリカル
性能は間違いなく高いが、それ程ゆったりとしたタイプではなく、長い道中を
進めるとどうしても脚を削られるため、やはりこのくらいの距離が合うはず。
前走を見れば、結果的には届かなかった訳だが、道中でかなり脚を使いつつも、
最後まで脚色は衰えず、切れ&末の持続力をしっかり示した格好で、内容は十分
評価できるものだった。
展開にメリハリのつく格好の阪神に替われば、更に前進が期待できるはず。

○リルダヴァル
好調なここ数戦のパフォーマンスを見ると、しっかりと過去の自分は超えている
内容になっていて、世代の上位を争っていた時のイメージで、普通に信頼しても
良さそうな雰囲気。
持続力も決め手も問題ないし、展開にも左右されないはず。当然期待はできる。

▲シルクアーネスト
"一瞬の切れ"という部分には明らかに不安があるタイプだが、末脚の持続力は
高く、終いの部分では確実に脚を伸ばしてくる馬。
今回も加速力のあるタイプに対してはどうしても遅れを取ってしまうだろうが、
一応格のあるレースで、最後地力が問われる形になれば、浮上は出来ていい。

注ショウリュウムーン
一定の道中→決め手という形は得意で、適性的にこの舞台には嵌っていい。
展開的にあまり地力勝負寄りになると、さすがにこのメンバー相手だとそこまで
主張はできないだろうが、少しでもペースが落ち着いた場合に上位争いに加わる
イメージならば十分に湧く。注目はしておきたい。

△ネオヴァンドーム
タイプ的には、展開的にメリハリのある阪神よりかは、徐々にペースアップする
京都の方が合っているが、フラットに近い展開になればここでも可能性はある。
とりあえず前走は少し前掛かりに行き過ぎた内容だったので、今回は巻き返しが
期待できる場面でもある。

△タガノエルシコ
道中~上がりに掛けての持続力は高く、単純に間に合うかどうか…という馬。
このメンバーだとさすがに切れ不足の印象は強くなるが、展開が少しでも厳しく
なれば、最後落ちてくる馬を交わす格好で、上位に浮上してくる可能性はあって
良さそう。

△デルフォイ
あまり決め手という方向の馬ではないが、ある程度ゆったりしたタイプなだけに
広いコースに替わること自体はプラス。
個人的には、持ち味の高い持久力が活かせる、距離延長の舞台に出走してきたら
もっと積極的に考えたいが、一応ここで真価を問うという意味で注目はしたい。

☆ミッキードリーム
地力&決め手という部分で、本来ならここで推したい馬だが、前走のパドックで
この馬の強調点である、"体幹"の強さを感じなかった…ことが気掛かり。
それが今回どのくらい戻っているかだが、感覚的にはここを見てからにしたい。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事