2012年12月23日日曜日

有馬記念展望 2012


予想
土曜の競馬を見る限りは、昨年のように内が悪いということはなさそう。
したがって、"飛び抜けた馬"が不在…という状況の今回に関しては、何かしらが
大外を捲くって差し切るようなレースにはならないのでは…。

となると、好位~好位差し辺りのポジションで、内~中くらいを回り、勝負所は
ジッとして、直線でしっかり弾ける。
そのイメージで考えると…、外国人ジョッキー?ということになる。

展開的には、ビートブラックの楽逃げにはなりそうだが、上がり勝負にしても
仕方がないという馬ではあるので、道中~上がりを締め付ける格好になりそう。
したがってそこをしっかりと追い掛けつつ、ラストまで(速いスピードで)伸び
切れる…ということが、今回は特に重要になりそうな雰囲気。


◎オーシャンブルー
前走では、道中~上がりでなかなかの持続力を示しているし、適性的にはここの
展開に嵌る可能性は十分ありそう。
当然、周りのレベルは今までとは全く違うが、この馬は、ステイゴールド産駒の
中では、ある程度軸がしっかりしているイメージなので、(恐らく)前半部分で
少し楽をすれば、最後まで止まらない…という競馬が出来て良さそう。
今回は枠も内目に入ったことだし、鞍上の乗り替わりもなく、一発の条件は一応
揃っている印象。

○エイシンフラッシュ
とりあえずは、細かい脚の使い方をするタイプなだけに、小回りに替わっての
前進を考えたい場面だし、昨年程のスローになることはないだろうが、元々切れ
だけ…という馬でもないし、持続力勝負でも十分出来ていいはず。
人気馬の中では内枠の恩恵はしっかり受けることになるし、デムーロJに戻って
最後しっかり脚を使い切る競馬であれば、展開的にも嵌りそうなイメージ。
勝ち切れるかどうかはともかく、当然注目はしておきたい存在。

▲ゴールドシップ
持久力&持続力に関しては何も言うことはないのだが、元々器用なタイプでは
なく、加速には時間が掛かる馬なので、今の馬場で外枠…というのがどうしても
引っ掛かるところ。
当然、そのあたりは鞍上もしっかり分かってはいるだろうし、ビートブラックを
早い段階から追い掛けるような展開になれば杞憂に終わる可能性もあるが、今回
どうしても勝ち切るイメージを(個人的に)描けなかった…。
最も強い馬だと思うし、応援もしているのだが、ここは3番手に止めておく。

注ルーラーシップ
持続型という言葉を使えば、適性的に合う…ということにはなるのだが、実際の
走法的には小回り…という部分は大問題。
3コーナーがあってないようなものの外回りコースであればともかく、内回り
コースで加速しながら捲くれるイメージはどうしても湧かないし、遅れて差して
来て半端な着に終わる可能性が存分に考えられる。
そうなると、結局は積極策しかなくなるのだが、スタートの大問題を抱える馬に
それを期待して高い評価をするのは、さすがにリスクが高い。
それを引き受けて割に合うような人気でもない。

△スカイディグニティ
単純に性能(運動神経)という部分で考えると周りの馬とは正直差を感じるが、
展開的にしっかり引っ張られて、道中~上がりに掛けての持続力のみが問われる
勝負であれば、上位に加わってこられても良さそう。
イメージ的にはエアシェイディなどのような、あと1つ"切れ"が足りないという
タイプには当て嵌まっていて、リピーターの多い3着馬の世代交代という競争の
中では、十分候補にはなり得る。

△ダークシャドウ
中距離的な要素という部分で、持続力は昨年の天皇賞や大阪杯で一応しっかりと
示している訳だし、ここでも上位に浮上してくる可能性は十分考えられる。
それでもタイプ的には、コーナーを回りながら加速する中山に合うイメージが
どうしても湧かなくて、ここで勝ち負けに加われるかは微妙。
もちろん地力は高く、崩れない馬なので、着外というのも考えにくいが、今回は
複勝or掲示板圏内を争う馬の一角という扱いにしたい。

△ビートブラック
前半からビッシリ飛ばせばさすがに厳しくなるし、となると、ここでやることは
1つで、道中~上がりで12秒/F以内のラップを刻み続けて後続に脚を使わせて、
あとはその流れの中で、何頭が浮上出来るのか?を問う…くらいしかない。
そして今の馬場であれば、この馬自身ある程度残れても良さそうだし、勝ち負け
というのはさすがに無理そうだが、上位候補の1頭としては考慮しておきたい。






スポンサーリンク
ランキング参加中♪

にほんブログ村 競馬ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。