2015年2月21日土曜日

フェブラリーS展望 2015


予想
恐らくコーリンベリー中心の隊列になると思うが、このコースで同馬がしっかり
行くようなら、当然それなりの流れにはなりそう。
(とりあえず昨年のような緩み方はしないはず)
したがってここは素直に持久力&持続力が問われる展開を想定しておきたい。

◎コパノリッキー
前走は文句なく強い内容で、地力の面では最早疑いようもないし、東京大賞典と
比較しても、1F短縮したことで道中~上がりの部分で明らかにパフォーマンスを
上げた格好なので、今回更なる距離短縮で前進する可能性も当然あり得る。
昨年の切れ勝負を制している馬だけにペースによる不安もない訳だし、さすがに
ここは負けられないはず。大人気でも素直に推したい。

○ワイドバッハ
武蔵野Sは、相当厳しい展開で位置取り的には嵌った形になるのだが、その時の
パフォーマンスはスタート~ゴールまで綺麗に一定のリズムで走り切ったような
内容になっていて、高い持続力を示した格好。
当然ここの引っ張られる展開であれば、その再現は十分に期待できるだろうし、
相対的にも自然と浮上はしてくるはず。

▲ワンダーアキュート
スピードや切れに関しては、さすがに以前ほどとは言えないのかも知れないが、
チャンピオンズCのパフォーマンスを見る限り、極端に衰えている訳でもない。
前走にしても、直線に入った所での一気の加速について行けなかった時点で半分
諦めたような雰囲気だったし、それだけで下げるにはやや材料不足感。
とにかく、たった半年前に帝王賞を制している馬が11番人気というのは違和感。

注サンビスタ
前半からのスピードという部分ではさすがに物足りない印象ではあるし、本来は
ここで高い評価をするべきタイプではないのかも知れない。
それでもこの馬には、スズカマンボの産駒らしく"止まらない"というイメージが
しっかりあって、厳しい展開でこそ浮上しそうな雰囲気が十分にある。
ロスのない競馬をすれば、最後に上位に食い込む可能性はあっても良さそう。

△ベストウォーリア
一定の地力はしっかり示していて、当然ここでも上位扱いにはなるし、マイルの
引っ張られる形であれば、自身は終始一定のスピードを維持するような内容から
普通に浮上はしてきそう。
ただし、上がりにははっきり限界を感じるタイプではあるので、勝ち負けまでを
考えるとここでは正直微妙…といったところ。あくまで圏内候補。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事