2015年2月26日木曜日

フェブラリーS回顧 2015


レース総括
■前半速く、道中は極端に緩み、勝負所では大きな加速が入った展開
■一定の持久力&切れが問われた


フェブラリーS結果
コパノリッキー1.36.3 36.2 02-02
インカンテーション1.36.4 36.2 04-03
ベストウォーリア1.36.5 36.1 08-08
グレープブランデー1.36.6 36.3 04-05
ローマンレジェンド1.36.6 35.8 13-14
ワイドバッハ1.36.6 36.0 11-11

天候:曇 ダート:良
上り4F:49.4 3F:36.3
前半4F:46.9
12.3-10.6-11.4-12.6-13.1-12.3-11.5-12.5




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半の速い流れから、道中はかなり緩む展開になって、
ラストの3F~2Fに掛けてしっかりと加速しつつ、最後だけ少し落ちる形。

今回は、前半でしっかり引っ張られているために、一定の持久力が問われたとは
言えるのだが、それよりも大きな特徴になっているのは、過去に全く例のない
くらいに緩んだ道中。

その極端に落ち着いた瞬間があったことで、レース後半ではかなり大きな加速が
入り、適性的には切れが必要な形になった。

また同じ理由によって、各馬の挙動としても、勝負所を好位やインでじっくりと
進めた馬に向いた印象で、後方からコーナーで動いたような馬は直線での更なる
加速に対応できずに浮上し切れなかった。

今回の場合、実力馬がしっかりと結果を出しているので、この先に全くつながら
ない…とは当然言えないが、展開的には中距離タイプの馬でも浮上しやすかった
部分は確実にあるため、マイルの絶対的な裏付けとしては正直扱いづらい…。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

コパノリッキー
スタートは微妙だったものの、その後すぐにポジションを確保して、勝負所では
余裕の加速を見せつつ→一旦しっかりと抜け出す形から押し切った内容。
昨年の切れ勝負を勝っている馬だけに、今回は展開的にも向いた部分はあるかも
知れないが、競馬自体はラップの速い区間で相対的に脚を使っている訳なので、
やはりこれは普通に地力で上…という扱いができそう。
当然この先にも期待…と言いたいところだが、骨折というのは本当に残念。
ただただ復活を待ちたい。

インカンテーション
前3Fに関しては平均以上に流れたレースで、これまで36秒台でしか入ったことの
ない馬をあの位置につけて→直線まではじっくり進める…という、今回の展開に
対しては完璧な競馬。とにかく内田Jの好騎乗が光った。
一方で馬自身にとっても、このスピードの中でも積極策を取れた…という点での
収穫は大きくて、この先の可能性がかなり広がったイメージ。
当然しっかりと注目していきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事