2015年2月28日土曜日

阪急杯展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 12.2-10.7-10.9-11.1-11.2-11.8-12.8 33.8-35.8
2013 12.4-10.9-11.1-11.2-11.6-11.6-12.2 34.4-35.4
2012 12.1-10.3-11.3-12.1-11.9-11.8-12.5 33.7-36.2
2011 12.0-10.2-11.0-11.6-11.7-11.5-12.1 33.2-35.3
2010 12.3-11.2-11.5-11.2-11.3-11.5-12.4 35.0-35.2
2009 12.2-10.6-11.3-11.6-11.7-11.6-12.1 34.1-35.4
2008 12.4-11.1-11.2-11.4-11.2-11.4-12.0 34.7-34.6
2007 12.2-10.8-11.3-11.4-11.3-11.2-12.3 34.3-34.8

過去8年の平均ラップタイム
12.23-10.73-11.20-11.45-11.49-11.55-12.30
1.20.94 34.15-35.34




傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見ると、前半からある程度速く流れて、道中は基本的には
11秒台が並ぶフラットな展開になり、ラスト1Fだけキッチリ落ちるという形。

道中が淀みなく流れて、開幕週で絶対的なスピード水準が高くなり得る…という
ことを考えたら、ここではやはり持続力を備えていることが前提。
それを基本として、前半のペース次第では持久力という要素をプラスするという
見方をしておきたいところ。

一方で高松宮記念へのつながりを意識すると、やはりハイペース耐性を備えて
いることを確認したい場面なので、とにかく厳しい展開になったケースでは特に
注目…というイメージ。


好走する条件
・スピード持続力(&持久力)があること


予想

◎コパノリチャード
この舞台では昨年のハイペース戦も、阪神Cの前半ややゆったり入って→道中が
締まる展開もしっかりとこなしていて、とりあえずは実力&適性ともにここでは
普通に上…という扱いにはなりそう。
別定戦で斤量を背負う立場なので、絶対視までは出来ないが、軸としては十分に
信頼できそう。

○サドンストーム
久々の1400mへの出走となったスワンSでもしっかり4着に浮上していて、この
距離では一応掲示板を外したことがない…という扱いだし、タイプ的に前の馬も
止まりにくい京都よりかは、阪神の方が嵌る可能性はありそう。
現状の状態の良さは間違いなく、人気もそこそこというのなら、ここは積極的に
評価しておきたいところ。

▲オリービン
この舞台では高いパフォーマンスを見せている馬で、阪神Cこそ中途半端な着に
終わったものの、結果を出しているのはもう少し前半(>道中)に偏った展開…
という言い訳は一応できる。
今回は(いきなり)JRAのトップジョッキーも確保したことだし、とりあえず
色々な意味で注目はしておきたい存在。

注ダイワマッジョーレ
同舞台の阪神Cでもしっかり浮上しているし、ラストまで止まらずに伸び切れる
タイプなだけに、ここの展開にはやはり嵌りそう。
ただし阪神Cと比較すると、阪急杯は少しスピード色が強くなる分、確実に前進
する…というイメージにはならないため、今の2番人気は過剰気味なのかも…。
もちろんこちらもジョッキーには大いに注目したいところ。

△ローブティサージュ
ここ2走に関しては、上がり勝負&切れが問われる展開だったため、一本調子な
持続力タイプのこの馬には向かなかった印象。
その点この舞台では、ほぼ確実に適性の範囲内の展開になるはずだし、巻き返す
可能性は十分あって良さそう。乗り替わりは正直微妙だが、注目はしたい。

△レッドオーヴァル
昨年もこの舞台では、厳しい展開をある程度積極的に攻める内容で好走している
訳だし、適性的にはやはり上位には扱えそう。
ただし今回外枠に入った点はやはり微妙で、相対的なパフォーマンス比較からは
(内に潜り込むなど)何かしらの工夫が確実に必要となるはず。鞍上次第。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事