2015年9月6日日曜日

小倉2歳S展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 11.9-10.3-10.8-11.4-11.6-12.4 33.0-35.4
2013 11.9-10.2-11.0-11.6-11.7-12.4 33.1-35.7
2012 11.8-10.1-10.8-11.5-11.8-11.9 32.7-35.2
2011 12.0-10.3-11.1-11.6-11.8-12.0 33.4-35.4
2010 11.8-10.4-10.9-11.6-11.9-12.1 33.1-35.6
2009 12.1-10.4-11.3-11.5-11.8-11.9 33.8-35.2
2008 11.9-10.2-11.1-11.9-11.6-12.4 33.2-35.9
2007 11.8-10.4-11.3-11.6-11.5-12.7 33.5-35.8
2006 11.5-10.1-10.9-11.4-11.6-12.9 32.5-35.9
2005 11.8-10.7-11.1-11.0-12.1-12.4 33.6-35.5

過去10年の平均ラップタイム
11.85-10.31-11.03-11.51-11.74-12.31
1.08.75 33.19-35.56




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速く、2F目以降はほぼ一直線にラップが
落ちていく、完全な前傾レース。

このレースの特徴はとにかく前半の速さだと言えて、単純に平均タイムでは
古馬上級クラスと比べても遜色ないくらいのペースで流れていて、そうなれば
当然最後は持久力勝負という形になる。

脚質的には、厳しい流れでも、それ故に後続の脚も残らないという形で、結局は
好位の馬が押し切ることが多くなっていて、ある程度は前に行けるスピードも
重視しておきたいイメージ。


好走する条件
・先行力&持久力があること


予想

◎レッドカーペット
前走は、1400mでのパフォーマンスながら、他の馬の1200mの内容(最上位)と
比べても全く遜色ないスピード&粘りを示した格好。
当然残り200m分の余力を考えれば、ここでは普通に抜けている扱いになるし、
とりあえずは何の迷いもなく推せる。期待したい。

○コウエイテンマ
前走では、速い流れの中で、最後まで余力を残しつつ押し切って圧勝しており、
とりあえず今回のメンバーの中での、1200mのパフォーマンスとしては最上位の
内容になっている。
レッドカーペットとは差がある扱いだが、他に対しては威張れてもいいはず。

▲ブンブンブラウ
前走は、そこまで前傾度の高くない展開を差し切る内容だった訳だが、最後は
一応余力を残している格好で、単純なパフォーマンス比較をしても、とりあえず
ここでも上位扱いができる。
ペース耐性…という未知な部分はあるものの、注目はしておきたい存在。

注シュウジ
完勝に近い内容で連勝しているのだから普通に強い可能性もあるが、マイルの
溜め→切れという展開と、1400mの前後半イーブンという展開を逃げ切っている
だけでは、ここで絶対的な信頼…というのはしづらい。
注目はしつつも、あくまで試金石的な見方をしておきたい。

△オフクヒメ
前走では、前半で相手よりも脚を使ったとは言え、最後はしっかりと離されて
いるのだから、さすがにあまり積極的には推しづらいのだが、単純に新馬戦での
パフォーマンスからは、このメンバーでは一応上位扱いになる。
もう少し控えた競馬が出来るのであれば、浮上の可能性もあって良さそう。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事