2015年9月27日日曜日

オールカマー展望 2015


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2014 13.0-11.0-11.4-12.2-12.9-12.2-12.4-12.1-12.0-11.4-11.6 新潟開催
2013 12.8-11.1-12.1-11.7-11.9-11.8-12.2-12.1-12.4-11.8-12.1
2012 12.6-11.3-12.4-12.5-12.6-12.9-12.6-12.6-12.0-11.7-12.3
2011 12.3-11.3-12.6-12.2-12.1-11.7-11.9-11.6-11.8-11.4-12.3
2010 12.4-11.1-12.2-11.9-12.4-11.9-12.0-12.2-11.7-11.7-11.9
2009 12.5-11.5-12.4-12.3-12.3-12.2-12.1-12.0-11.3-11.2-11.6
2008 12.3-11.8-13.0-12.4-12.3-12.4-11.6-11.4-11.2-11.8-11.8
2007 12.6-11.5-12.4-12.3-12.2-12.6-11.8-11.8-11.3-11.4-12.6
2006 12.2-11.9-12.6-12.4-12.4-11.7-11.5-11.6-11.8-11.4-12.6
2005 13.4-12.3-13.8-12.4-13.0-12.6-12.4-12.2-11.2-11.4-12.0

過去10年の平均ラップタイム(2014年は除く)
12.57-11.53-12.61-12.23-12.36-12.20-12.01-11.94-11.63-11.53-12.13
2.12.76




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半は少しゆったりと流れて、向こう正面の下り坂から
徐々にペースアップしていく形で、内容的には後傾のレース展開になる。

ここの特徴は、まずは前半の遅さだと言えて、そこでスローの認識を持つことで
(コース形状も後押しして)後半の仕掛けが早くなりやすい。
したがって適性面では、ロングスパートへの対応という部分で、末脚の持続力を
持っていることが何よりも重要になる。

そして長い脚を使わなければならない上がりの部分で伸び切るためには、今度は
逆に前半~道中で如何に無駄な脚を使わないかが重要で、結局は一定の持久力が
問われる…とは言えそう。

脚質的には、ロングスパート戦とは言っても、前半の遅さと馬場の良さによって
持続力に優れた好位の馬が押し切るケースが目立ち、後方から捲くってくる馬
というよりも、基本的には先行馬を中心に見ておきたい。


好走する条件
・一定の持久力があること
・末脚の持続力が必要


予想

◎ヌーヴォレコルト
基本的に真っ直ぐ走ってこそというイメージは変わらないものの、どんな展開&
舞台であってもハッキリ止まったことは結局ないし、中山記念を勝ち、逆境の
立場だった宝塚記念でも掲示板を確保していることが示しているように、単純に
格上…くらいの存在。
その馬が今回は内枠確保。下手に下げるようなことさえなければ勝ち負け必至。

○ロゴタイプ
春のレースでもしっかりとその地力を発揮しているし、元々(速い)スピードの
持続力に優れたタイプで、今の中山の状況にはピッタリ嵌っていいはず。
今回は先行したいタイプが揃っているため、ここのデフォルトとは異なるような
ハイペースになる可能性もあるが、前の数頭がやり合う中で、離れた4~5番手
くらいからなら、そのまま押し通せて良さそう。

▲サトノノブレス
まずは前走はトップハンデを背負い、勝負所でしっかりと加速しつつ→直線全く
止まらない…というこの馬にはハッキリ合わない展開だった。
それを度外視すれば、金鯱賞の内容だけでここでは普通に上位だし、(イメージ
としてフェノーメノのような)脚元の柔らかさに由来する持続力が持ち味のこの
馬にはここはピッタリ嵌りそう。大外枠でなければ本命まで考えたのだが…。

注マイネルフロスト
中山金杯以降のパフォーマンスは、常に一定以上の地力を示した内容ばかりに
なっているし、特に前々走・福島民報杯の締まった展開を好位から押し切った
競馬は強いの一言。
今回は枠が外目に入ったので、結局のところ強くは推し切れない部分はあるが、
それでも今の人気は甘過ぎるように感じる。

△ミトラ
ジワジワと脚を使って→最後惰性を効かす…という形が得意なタイプで、この
舞台には本質的に嵌る。
前走は中途半端に控えた競馬だったが、今回こそ同じような位置取りであれば
速い流れの中でも自身の持ち味を活かせそうで、その点、このくらいの枠に落ち
着いたのはむしろ好都合…という可能性もありそう。

△ショウナンパンドラ
宝塚記念は3~4コーナーで一気に脚を使うような展開で、その部分でのロスを
抑えられたインから進めた格好なので、さすがに嵌った印象は強い。
それでも秋華賞で速いスピードの中でしっかりと持続力を示した馬ではあるし、
今回も内枠を引いて、前がやり合うような展開になれば、ロスのない競馬で浮上
する可能性はやはりある。地力面ではともかく、条件は一応揃っている印象。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事