2016年2月20日土曜日

フェブラリーS展望 2016


予想
土曜にしっかりと雨が降って、日曜は朝から晴れの予報。
つまりダートは徐々に乾いていく…という条件で、その過程での発走となる。

その乾き具合がどの程度になるのかは分からないが、このようなケースの東京
ダートでは、最内に"ホワイトベルト"的なものが現れることがある。

要は芝のグリーンベルトの真逆で、外側は脚抜きの良い速いダートが残るのに
対して、内側は乾いた重たいダートになり、内の馬がラスト1Fでピタリと止まる
…ということが度々起こる。

日曜は最高気温が16℃まで上がるので、その可能性は十分考えられるし、地力と
適性が第一…というのは当然だが、今回は少しだけ重心を外差しの方にシフト
させた考え方をしてみたい。(正直あまり候補はいないのだが…)

◎ノンコノユメ
3歳馬ながら58kgを背負って、後方からまとめて差し切った武蔵野Sはやはり
強いし、そこから斤量も減ることで、パフォーマンス的に更なる上積みが期待
できそうなここではやはり有力。
さらに外差しの想定ということであれば、真っ先に恩恵を受けるのは当然この馬
ということになるし、ルメールJが内を突くような選択さえしなければ、勝ち
切る可能性は普通に高そう。
現状、予想以上に人気を被っている印象ではあるが、素直に期待しておきたい。

○コパノリッキー
ここ2戦の敗戦で微妙に人気を落としているが、前走は、前半こそミドルペース
だが道中はマイルG1を超えるような水準で流れた格好だし、前々走は、前半が
超高速な流れで前が完全に沈んだレースだったので、どちらも度外視可能。
したがって、デフォルトではここは普通に勝ち切る…という扱いだが、外差しを
想定した部分で、今回は2番手評価に止める。
(馬場読みを重視する武豊Jなので、昨年のように内を2~3頭分空けたコース
取りをする…という期待込み)

▲ベストウォーリア
枠は内寄りに入っているし、単純に外差しということにはもちろんならないが、
今回はメンバー的に前に馬が殺到しそうな雰囲気なので、そこまでスピードに
寄ったタイプではなく、器用に捌ける訳でもないこの馬の場合、自然と中団を
進んで→中~外に持ち出すことになるのでは…というイメージ。
戸崎Jとのコンビ復活にも好感が持てるし、ここは周ってくれば普通に浮上して
来るものとして考えたい。

注タガノトネール
南部杯&武蔵野Sではしっかりも高いパフォーマンスを発揮していて、地力では
普通に上位扱いになるし、外枠を引いたここはやはり評価したいところ。
対モーニンという部分でも、距離の異なる前走では負けているものの、同距離の
前々走ではこちらが勝っており、これまであった2kgの斤量差も今回はなくなる
中で、人気にこれ程の差がつくのは最早不可解。
(直線内に入ると厳しいが、コパノリッキーがいるのでそもそも入れない想定)

△グレープブランデー
ここを勝ち切ってからは少し時が経っているものの、まだまだしっかりと地力を
示せているし、直前の根岸Sの内容で言えば、今年は昨年よりも圧倒的に高い
パフォーマンスを見せていて、圏内候補としては当然考えておきたい。
勝ち負け…というところまではさすがに言いづらいが、枠も良い所に入ったし、
とりあえず11番人気に甘んじるような存在では絶対にないはず。

△モーニン
一定の地力を示していることは確かだし、今回も外枠を引いたことで、競馬自体
しやすくなったことも間違いない。
それでも武蔵野Sでは、多少の不利があったとしても、斤量面の恩恵がある中で
ノンコノユメやタガノトネールにはしっかりと負けている訳だし、現段階では、
コパノリッキー以上の人気をする程か?と言われればかなり微妙。相手の1頭。








0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事