2016年7月2日土曜日

ラジオNIKKEI賞展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.4-10.4-12.2-12.3-12.2-11.8-11.8-11.6-11.7
2014 12.2-10.4-11.6-11.9-12.1-12.3-12.0-11.7-11.7
2013 12.5-10.9-12.4-12.5-12.2-12.2-11.5-11.5-12.2
2012 12.4-11.2-11.9-12.6-12.4-12.2-11.7-11.5-12.0
2011 12.3-11.8-11.5-12.2-11.9-12.1-12.0-11.4-11.7 中山開催
2010 12.6-11.5-11.4-12.6-12.3-11.5-11.6-11.7-12.1
2009 12.4-11.3-12.0-12.3-12.1-11.9-11.9-12.0-12.4
2008 12.6-10.8-11.7-12.6-12.2-11.7-11.6-11.4-12.2
2007 12.6-11.5-11.3-12.2-12.4-12.3-11.6-11.6-12.2
2006 12.5-11.2-11.8-12.6-12.4-12.1-12.5-12.1-13.3

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.47-11.02-11.81-12.40-12.26-12.00-11.80-11.68-12.20
1.47.63




傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
2コーナー~向こう正面が少しだけ落ち着く展開、その後ラスト4Fから仕掛けて
最後は少し落ちる格好になる。

ここの特徴は、まずは"仕掛けの早さ"という部分で、適性として、末の持続力を
備えていなければとりあえずは話にならない。
また展開的に、前半である程度引っ張られることから、(レース後半まで余力を
残すために)一定の持久力もやはり必要になる。

脚質的には、先行も差しも決まってはいるが、あまり後方からでは難しいので、
差し馬であっても道中からある程度捲くって行けるくらいの、やはり長い脚を
使えるタイプでなければ厳しくなりそう。


好走する条件
・一定の持久力&末脚の持続力が必要


予想

◎ゼーヴィント
前走では、速い展開に引っ張られて、道中かなり高い水準で進めつつ→上がりを
しっかりとまとめられていて、そのパフォーマンスは、昨年のアンビシャスには
さすがに及ばないものの、ここでの斤量差を考えればそれ程見劣る訳でもない。
前々走でも、ペースは落ち着いた形だが、ある程度長い脚が問われる展開を勝ち
切っているし、それらの合わせ技で、ここをこなせる可能性は十分にありそう。
枠も確保したし、人気はしているものの、ここはしっかり推しておきたい。

○ナイトオブナイツ
前々走は、道中をかなり高い水準で進めながらも、しっかりとした上がりを発揮
して、結果的に切れ負けしたものの、最後まで喰らいついて粘りを見せた内容。
前走は、スローの上がり勝負ではあったが、ラスト1Fでも前とかなり差のある
ところから、最後まで伸び切っての勝利。
その2走で示した地力と持続力を考えれば、ここでも十分上位扱いができる。
人気もないし、ここは積極的に推してみたい。

▲ミライヘノツバサ
(勝ち上がった)未勝利戦では、道中を高い水準で進めつつ、上がりも長い脚が
問われる展開を押し切っていて、一定の地力&持続力を示した格好。
前走の皐月賞はさすがに最後苦しくなったが、そこの厳し過ぎる展開を経験した
ことは、この舞台に対してプラスに働いても良さそうだし、斤量も軽いここは、
とりあえず巻き返しの方に期待してみたい。

注ロードヴァンドール
福寿草特別では、前半ある程度速く、勝負所での仕掛けも早い展開で、しっかり
粘り込んでいるし、はなみずき賞でも、道中水準の高い展開で好走出来ていて、
地力と持続力はここでも普通に上位。
展開的に、逃げ馬には少し厳しい部分はあるが、斤量も軽いし、可能性としては
やはり考えておきたい存在。

△アーバンキッド
前走は、メジャーエンブレムの厳しい展開に真っ向から挑んで惨敗した訳だが、
元々一定の地力は示している馬だし、ある程度細かく刻むタイプ的にも、ここに
はまる可能性は十分にある。
ただし外枠がどうか。内枠を引いたのであれば本命まで考えたのだが、この手の
タイプが中距離で外を回して良いことは何もない…。微妙だが相手の1頭まで。

△ジョルジュサンク
終いの長い脚という部分では微妙なところはあるが、前半しっかり脚を使う形で
押し切ったすみれSの内容を考えれば、地力の部分でやはり軽視はできない。
前走&前々走は、ともに言い訳のできる負け方ではあったし、ここで巻き返す
可能性はとりあえずあっても良さそう。
斤量は少し見込まれた感があるが、一応注目はしておきたい。

△ブラックスピネル
一定の地力はもちろん示している馬だし、持続力の方に寄っている適性的には、
一応はまる可能性もある。
ただしタイプ的に、この舞台に対しては、少しゆったり感があり過ぎるようにも
思えて、それでいて昨年のアンビシャスよりも斤量を背負った1番人気…という
のでは、さすがに静観したい気持ちが強くなる。微妙では。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事