2016年7月9日土曜日

七夕賞展望 2016


過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.0-11.3-11.5-12.2-12.5-12.4-11.8-11.4-11.1-12.0
2014 12.2-11.4-11.2-12.0-12.1-11.9-11.9-11.6-11.8-12.6
2013 12.1-10.7-10.9-12.3-12.6-12.3-12.1-12.1-11.7-12.1
2012 12.3-11.2-12.0-12.3-12.5-12.4-11.8-12.0-12.2-12.4
2011 12.3-11.1-12.4-12.4-13.2-12.0-11.7-11.5-11.7-12.2 中山開催
2010 12.5-11.4-12.1-12.2-12.8-12.0-11.7-11.8-12.0-11.9
2009 12.5-11.5-12.2-12.3-12.6-12.0-11.8-11.7-11.3-12.3
2008 12.5-11.3-11.9-12.1-12.5-12.0-11.7-11.9-11.7-12.2
2007 12.3-11.1-12.1-12.2-12.1-11.9-12.0-12.0-12.1-12.5
2006 12.4-11.5-11.8-11.6-11.7-11.7-11.8-12.0-12.1-12.7

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.31-11.27-11.74-12.13-12.38-12.07-11.84-11.83-11.78-12.30
1.59.66




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいで流れて、道中は
2コーナー付近で一応は落ち着くもののしっかりとは緩まない展開で、その後は
ラスト5F~4Fからのロングスパート→ラスト1Fはラップが落ち込む形。

この舞台では、他の小回り2000mと比べて前半はそこまで速くならないのだが、
その分、道中であまり脚を溜められず、仕掛けのタイミングも早くなる。
したがってレースを通して持続する力がまずは必要で、展開がより締まった形に
なった場合には、終いの部分で高い持久力が問われる…というイメージ。

脚質的には、上記したように極端に速い前半という訳ではなく、そこで前の馬が
脚を使い切ってしまうことはないため、好位の馬が押し切る形も多いのだが、
それでもこの展開なので、道中~上がりで持続力を発揮できる差し馬の存在には
やはり注意を払っておきたいところ。


好走する条件
・スピード持続力があること
・一定の持久力は欲しい


予想

◎ルミナスウォリアー
前走は、道中でかなり脚を使いつつ→上がりもしっかりまとめる形で押し切って
いて、それまでと比べて、1段階パフォーマンスを上げた印象。
ほとんど崩れたことがない経歴から、一定の地力を備えていることは間違いない
だろうし、タイプ的にも明らかに持続力という方向の馬。
単純にこの舞台への適性で考えれば、自然とこの選択になる。

○ヤマニンボワラクテ
道中水準の高いAJCC&福島民報杯で一定の地力は示しているし、特に後者の
他に掲示板に載った馬は全て1&2枠という中で8枠から3着に粘った…という
点は、特に評価しておきたいところ。
終いの部分を押し通せるかどうか?という点で、正直不安を払拭できない分、
自信を持って頭まで推すのは難しいが、2、3着ならば普通にあるはず。

▲ダコール
福島記念なども含め、この舞台では1度も掲示板を外していないように、一定の
持久力&息の長い末脚が問われる…という部分で、適性的にはまる。
今回も斤量を背負う立場だが、ここ3走とも58kgを背負いながらもしっかり浮上
出来ているし、そこまで気にする必要はないはず。
勝ち切れなくとも、普通に好走はしてきそう。

注シャイニープリンス
前走&前々走では、前半~道中である程度脚を使いつつも→しっかりと上がりを
まとめる形で好走していて、地力&適性ともにここでは上位。
当然本来ならばもっと強気な評価でもいいのだが、内枠の好走が目立つ現状で、
大外枠というのはやはり微妙。
ある程度大きなフットワークの馬なので、克服は可能だと思うが…、ここまで。

△メイショウナルト
最近の成績は芳しくないが、一昨年の勝ち馬だし、昨年も4着しているように、
ここだけは走る…というキャラクター。
直前の鳴尾記念のパフォーマンスで言えば、昨年ともほとんど変わりがないし、
今回も粘り込む可能性は一応考えておきたい。

△アルバートドック
単純なパフォーマンス比較では、小倉大賞典の道中~上がりの内容を考えれば、
ここでも普通に上位。
それでもこの馬は、あまりスケール感のないタイプで、この舞台に対する印象
としては、1F長いのでは?という感覚になる。最後まで脚が続くかどうか…。









0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事