2009年9月13日日曜日

京成杯AH展望 2009


過去のラップタイムは以下の通り。

2008 12.2-10.1-10.5-11.2-11.9-11.9-12.2-12.1
2007 12.7-10.9-11.5-11.2-11.5-11.5-11.6-11.7
2006 12.4-11.1-10.8-11.0-11.4-11.8-11.6-11.9
2005 12.4-11.1-10.8-11.0-11.4-11.8-11.6-11.9
2004 12.9-11.2-11.6-11.5-11.6-11.6-11.0-11.4
2003 12.3-11.3-11.6-11.8-11.9-11.8-11.2-12.0
2002 12.5-10.2-11.2-11.9-11.8-11.6-11.0-11.7(注:新潟開催)
2001 12.1-10.9-10.7-11.1-11.2-11.6-12.1-11.8
2000 12.2-11.0-11.3-12.0-11.7-11.7-12.2-12.4
1999 12.2-10.7-11.1-11.3-11.7-11.9-11.9-12.0

過去10年のラップタイム(2002年は除く)
12.38-10.92-11.10-11.34-11.59-11.73-11.71-11.91
1.32.69




傾向
ラップタイムを見ると、前半から相当に速くなることも多く、道中もほとんど
緩まずに淀みのない流れとなり、ラストはそのままスピードを維持するか
やや落ちるという形。

とにかくここは向正面の下りに差し掛かる3F目が止まらないことに由来する、
前半~道中の速さが大きな特徴となっていて、ほぼ確実に最初から最後まで
速いスピードを維持する展開となって、相当な持続力が必要とされる。
(まともな上がり勝負となったのは過去10年でも2004年くらい)

脚質的には開幕週の馬場ということもあって、前に行った馬が残ることも
多くなっているが、これだけの持続力勝負となるとやはり逃げ馬というよりも
やや控えた好位の馬というのが最もイメージしやすい。

他に考えられるパターンとしては、極端に道中の速くなった場合のラストの
持久力勝負で、その場合は差し馬の台頭もあり得るのだが、(昨年のように)
無謀な逃げを打つような馬さえいないのならば、基本は上記したような持続力
勝負想定・好位の馬狙いと考えておきたい。


好走する条件
・相当な持続力を持っていること
・ある程度好位の馬


予想
今回は極端に速い馬が不在なので、レースは最初から最後まで一定の
スピードで流れるような展開になりそう。
したがって地の強さだけで勝負するタイプよりかはある程度速い脚も
持っている馬を狙いたい。

◎ヒカルオオゾラ
レースを通した持続力があってここの流れ自体は合う。
それでも道中があまり厳しくなるとラストがどうしても甘くなるために、
地力では上の存在でも勝ち切るまでのイメージがなかなか湧かない。
…とは言っても他に勝ち切れそうな馬も思い当たらないので。

○マイネルスケルツィ
勝負所でなかなかもう1段加速できず、上がりにははっきりと限界がある。
それでも(だからこそ)上がりではなく、道中が速くなるこの舞台は合う。
メンバー的に今回は楽に先行(逃げることも)できそうだし、無理せずに
持ち前の持続力が発揮できそうで、そう易々とは交わされないはず。

▲エフティマイア
この馬は桜花賞の時点で、このメンバー相手でもそれなりに通用しそうな
持続力を見せている。
ただし上がりには限界があるのでこの評価はこの舞台だからこそだが、
ラストが少し掛かるくらいの流れになればもっと上位に浮上できてもいい。

注サイレントプライド
速いスピードの持続力は持っていて、昨年の出来であれば勝ち切っても
おかしくないのだが、どうしても今年のパフォーマンスは信用できない。
上手く先行出来れば。

△バトルバニヤン
持続力に関しては問題ない。
それでもこの手の舞台では突き抜けるまでの上がりは期待できず、上位に
迫るまでというイメージ。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事