2009年9月9日水曜日

札幌2歳S回顧 2009


レース総括
■ミドルペースから道中が緩んでの上がり勝負
■切れ&持続力が問われた


札幌2歳S結果
サンディエゴシチー1.49.735.103-02-05-05
モズ1.49.935.602-02-02-01
アーバンウィナー1.49.934.714-14-13-08
ダノンパッション1.50.035.211-12-08-05
ポップコーン1.50.435.807-08-05-02
スペースアーク1.50.435.409-08-11-12

天候:曇 芝:良
上り4F:48.0 3F:35.4
前半1000m:61.7
12.4-11.6-12.2-12.6-12.9-12.6-12.1-11.7-11.6




レース詳細
ラップタイムを見れば、前半ミドルペースから道中が緩んで、完全な上がり
勝負という形。
また今回はかなり速いスピードを維持したままゴールを迎えているので、
勝負所での切れに加えて末の持続力が重要となった。

レースレベルに関しては、今回のラップと過去の平均ラップを比較すると、
前半~道中が同じ水準なのに今年のレースは上がりがかなり速くなっていて、
一見するとハイレベルのようにも見える。

しかし過去のラップには道中が厳しくなったり馬場悪化によって、上がり
不問の完全な持久力勝負という年が混在しているために、上がりの平均値が
かなり引き下げられていて、そこからの相対的な上がりの速さにはほとんど
価値はないと言っていい。

むしろ注目すべきはやはり道中のスピードであって、かなり緩んだ形となった
今年の場合、レース自体はあまり高い評価はできない。
ただし過去におけるこの水準くらいのレースからも先の活躍馬は何頭も出て
いるので、現時点ではあまり決めつけずに静観しておくのがおそらく賢明。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

サンディエゴシチー
好位からラストまで止まらずに伸び切った内容は評価できるし、完成度で
言ったら抜けている印象。
ただし上記したように道中がかなり緩んで展開面での助けがあったことは
否めず、距離的な問題も克服したとは言い難い。
もう1戦見守りたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事