2009年9月10日木曜日

新潟2歳S回顧 2009


レース総括
■前半やや速く、道中が緩んで、上がりの速い展開
■切れ&持続力が問われた


新潟2歳S結果
シンメイフジ1.34.432.918-18
フローライゼ1.34.533.514-16
クロフォード1.34.933.907-12
ギュンター1.34.933.804-12
スプリングサンダー1.34.933.913-14
ハーティンハート1.35.234.601-01
ブランビーブラック1.35.234.307-08
サウンドバラッド1.35.234.514-04

天候:晴 芝:良
上り4F:46.6 3F:33.8
前半4F:47.8
12.6-10.5-12.0-12.7-12.8-11.6-10.4-11.8




レース詳細
ラップタイムを見れば前半がミドルペース~やや速いくらいで流れ、道中は
かなり緩んで、上がりが相当に速い形。
この展開では当然勝負所での切れと末脚の持続力が問われた。

このレースではとにかく最後の直線でしっかりと切れる脚が使えるかどうかが
重要となるので、そのためにはやはり道中(3~4コーナー)でしっかりと
脚を溜める必要がある。

したがって結果的にそうなりやすい後方待機の馬が究極的な切れを発揮して
好走するパターンが多くなるのだが、今年は前半が少し速くなったことで
好位の馬はかなり意識的に脚を溜める必要があったため、よりその傾向が強く
なったと言えそう。

実際に上位を見渡せば、後方に控えて直線まで脚を溜めた馬(1、2、5着馬)
もしくは好位につけていても3~4コーナーでじっくりと脚を溜めた馬(3、
4着馬)に占められている。

次戦以降については、上位の馬の切れ味に関してはもちろん評価していいが、
持久力という裏付けがない以上、素直にこれらの馬を信頼するよりかは、
好位から正攻法でいった馬、もしくはコーナー部分で動いたことで直線伸び
切れなかった馬の巻き返しをまずは期待したいところ。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

シンメイフジ
いくらこのコースでも32秒台の脚を使えているあたりは素直に評価したい。
ただし上記したようにこの展開での後方待機は脚質的に最も有利な立場に
あったために、この先も無条件で信頼という訳にはいかない。
しばらくは注意深く見守りたい。

ハーティンハート
上がりには限界がある馬だけにさすがに切れ負けしたが、それでも地力の
高さはおそらくここでは上位ということを示した印象。
コース替わり、距離短縮で巻き返してきそう。

ブランビーブラック
前半~道中に関しては前走の時点で今回以上のものを示しているのだから
直線でも余力は十分に残っていたはず。
したがって今回は単純に切れ負けしただけと考えてよく、コース替わりに
よる巻き返しは十分期待できる。

サウンドバラッド
位置取りは後方からになったが、展開を考えたら1、2着馬の少し前という
絶好のポジションで、(決して速い脚のない馬ではないだけに)この結果は
3~4コーナーで動き過ぎたことが全て。
それをやってしまえばレースの上がりが33.8秒という展開で最後まで伸び
切れるはずもなく、当然次戦での巻き返しは大いに期待していい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事