2009年9月2日水曜日

キーンランドC回顧 2009


レース総括
■平均ペースからの上がり勝負
■持続力が問われた


キーンランドC結果
ビービーガルダン1.08.434.203-02
ドラゴンウェルズ1.08.833.911-10
グランプリエンゼル1.08.934.505-04
プレミアムボックス1.08.933.714-12
トレノジュビリー1.08.934.505-07
ウエスタンビーナス1.08.935.002-02

天候:曇 芝:良
上り4F:45.8 3F:34.6
前半3F:33.8
12.1-10.5-11.2-11.6-11.4-11.6




レース詳細
ラップタイムを見れば前半は平均とほとんど変わらない流れだったが、
コーナー部分で一旦流れが落ち着いたために、最後まで一定のスピードを
維持する形となった。

この流れだとやはりスピード持続力が重要な要素になったのだが、レースの
見た目通り実力的に1頭が完全に抜けた存在だったので、勝ち馬とその他の
馬では(同じように脚を持続するにしろ)その水準が全く違うものだった。

したがって単純にこのレースのラップからではこの先への期待はしづらいが、
勝ち馬のみに限れば今年の秋に向けて順調なスタートを切ったと言えそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ビービーガルダン
前後半が完全にイーブンの内容で、少し控えてこの馬のスピード持続力を
活かし切った鞍上の腕もさすがだが、この馬自身も道中の手応えは他馬とは
一線を画していたし、このメンバー相手では地力の違いがはっきりしていた。
春は思うような結果を残せなかったが、このまま順調に行けば秋は当然主役を
争う存在になる。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事